文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なが~く、楽しくお酒と付き合うために

コラム

大きな仕事の後の打ち上げ、トラブルにつながる病的酩酊の危険も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
大きな仕事の後の打ち上げ、トラブルにつながる病的酩酊の危険も!

 こんにちは。精神科医の重盛憲司です。今回は、お酒に酔った末に事件を起こしてしまった場合の責任について書きたいと思います。

 酒に酔って傷害などの罪を犯した人は、責任能力の有無などを調べるために、精神鑑定を受けることがあります。精神鑑定は、大学病院の教授など、名のある精神科医に依頼されることが多いのですが、私がまだ駆け出しの精神科医だった頃、「重盛君も勉強のために同席しなさい」と、偉い教授から言われたことがありました。

精神鑑定では、酩酊状態を再現するため飲酒テスト

 その日、私が同席したのは、精神鑑定の一環として実施された「飲酒テスト」です。 酩酊(めいてい) 状態で罪を犯した人が、どのような状況にあったのか、実際にお酒を飲ませて再現しようというものです。

 暑い夏の日、私は扇子片手に飲酒テストが行われる部屋に入りました。疲れた表情の小柄な中年男性の前には、幕の内弁当と紙コップ、そして日本酒の瓶が置いてありました。男性の背後には、拘置所からやってきた屈強な刑務官が4人ほど仁王立ちしており、向かい側には白衣の医師が3人、男性の様子を観察しています。

 「さあ、どうぞ飲んでください」

 医師に促され、男性はのろのろと日本酒の瓶に手を伸ばしました。医師の一人は、いつでも血中アルコール濃度を測定できるよう、注射器を手に持ち、構えています。

 まだまだ時間がかかりそうだなと思った私は、 一旦(いったん) その部屋を出て自動販売機でジュースを買い、しばらく涼んでから戻りました。しかし、日本酒の瓶は半分も減っていません。私は、扇子をパタパタさせながら言いました。

 「なんだ、全然飲んでないじゃん」

 その時です。それまでうつむいて幕の内弁当を口に運んでいた男性のほほがサッと紅潮し、私に怒りの炎に燃える目を向けて 怒鳴(どな) りました。

 「なんなんだ、てめえは!」

 私は男性の 豹変(ひょうへん) ぶりに驚いて、いすからずり落ちそうになりましたが、教授は満足そうにうなずいています。

 あとから聞いた話では、その男性は居酒屋で隣の客の頭をビール瓶で殴って逮捕されたとのことでした。私の「お手柄」により、飲酒時に激高しやすくなるという酔いのパターンが再現された、ということです。

 犯行時の断片的な記憶があることから、部分的に刑事責任を負うこととなりました。 

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shigemori_prof

重盛憲司(しげもり・けんじ)

心療内科・精神科医 1952年、長野県生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室を経て、国立療養所久里浜病院(現・国立病院機構久里浜医療センター)にてアルコール依存症などの治療に携わる。また、厚生省(当時)でアルコール関連問題対策を担当。一方、自身では長年にわたり様々なお酒を愛飲。クラフトビールやシングルモルトウイスキーが近年のマイブーム。趣味は学生時代から続けるアイスホッケーと、自宅近くのマリーナからヨットで海に出ること。現在は洗足メンタルクリニック院長。テレビ番組の出演多数。

なが~く、楽しくお酒と付き合うためにの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事