文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

高校駅伝の鉄剤注射対策、大会後5日以内に血液検査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 高校駅伝の一部強豪校で鉄剤注射が不適切に使われていた問題で、日本陸上競技連盟は19日、全国高校駅伝大会(12月、京都市)での血液検査の義務化を正式に決め、実施要項を発表した。全出場選手に大会後5日以内の検査を義務づけ、血液データの利用や公表に対する同意も求める。

 実施要項によると、対象者は出場選手全員(男子7人、女子5人)で、検査項目は血中で酸素を運ぶ「ヘモグロビン」や体内の鉄分貯蔵量の指標となる「血清フェリチン」の値など5項目。身長と体重の計測も義務づける。

 各選手が医療機関で検査し、結果を陸連に送付。陸連は集積した血液データを基に、鉄剤注射の実態把握や抑止を目指す。大会の登録時には、注射使用の有無などを記した申告書に加え、検査への同意書の提出も求める。

 陸連は5月、不適切な鉄剤注射の防止に関する指針を公表。血液検査で異常値や虚偽申告があった場合、出場停止や順位の 剥奪はくだつ の可能性もあるとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事