文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

がん検診で「要検査」、市が誤って「異常なし」通知…女性死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 岐阜市は、市のがん検診で「要精密検査」「要注意」との結果だった50~70歳代の女性5人に、「異常認めず」と誤った通知をしていたと16日、発表した。このうち50歳代の女性は同日夜に胃がんで死亡。市は「精密検査を早く受けていれば、がんを早期発見できた可能性もある」としている。

 市によると、亡くなった女性は今年1月10日に胃がん検診を受診。「要精密検査」と判定されたが、同28日、誤った内容の通知書を発送した。女性は4月に医療機関を受診して肺がんが見つかり、胃がんからの転移と判明。家族から今月10日、要請があり、調べたところ、ミスが発覚した。

 これを受けて市は2014~18年度にがん検診を受けた延べ約16万人分の通知を点検し、他にも17、18年度の検診で「要精密検査」「要注意」の結果が出た4人に、誤った通知をしていたことがわかった。4人にがんの自覚症状はないといい、市は精密検査などの受診を促している。市のマニュアルでは、検診結果と通知の入力内容を2人1組で読み合わせることになっているが、ミスをした職員は1人でチェックしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事