文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

世界の9人に1人、北は人口半数近くが栄養不足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ニューヨーク=村山誠】国連食糧農業機関(FAO)は15日、2018年に世界の人口の9人に1人にあたる8億2000万人が栄養不足に陥っているとの報告書を発表した。北朝鮮では人口の半数近くが栄養不足で、北朝鮮の食糧事情が悪化している状況が浮き彫りとなった。

 報告書によると、世界の栄養不足人口比率は、04~06年の14.4%から16~18年は10.7%に減少し、改善がみられた。一方、北朝鮮では、04~06年の35.4%から16~18年は47.8%と大幅に増加しており、1220万人が栄養不足に陥っているという。

 国連が今年3月に公表した報告書でも、北朝鮮の18年の食糧生産量が自然災害などによって過去10年で最低水準まで落ち込み、特に農村部で食糧不足が深刻になっていることが指摘されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事