文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

ラタトゥイユ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 「ラタトゥイユ」は南フランスが発祥の、夏野菜をニンニクとオリーブ油でいため、トマトやハーブを加えて煮込んだ料理です。こんなおしゃれな料理も、ポイントを押さえれば食べやすい介護食になります。

 今回は、市販の「ナポリタンソース」を使用するので難しい味付けはいりません。市販のパスタソースにはニンニクやハーブなども入っているので、たくさんの調味料をそろえる必要がなく、常備していると便利です。煮込むときにミートボールやツナ缶などを加えるとたんぱく質も摂取できます。

 作り方のポイントの一つとして、ナスの皮をむくだけでなく、トマトの皮も湯むきしておくことがあります。これは、「厚みのないもの」が食べにくさにつながることもあるためです。私たちも、おにぎりのノリや、ワカメが口の中に貼り付いたことがありませんか? このように、薄くてひらひらしたものはのみ込みにくいものです。私たちには気にかからないようなトマトの皮も、口の中に残って貼り付いてしまっては、おいしさも半減です。

 前回取り上げた「おくずかけ」と同様、これもフランスで昔から作られてきた郷土料理のようなもの。諸外国でも、知らず知らずのうちに「食べやすくする」知恵の詰まった料理が受け継がれているのかもしれません。

[作り方]

(1) トマトは湯むきして皮を取り除き、1.5cm角に切る。ナスは (しま) 目に皮をむき、トマトと同様に切る。

(2) タマネギとジャガイモも(1)の野菜に合わせた大きさに切る。

(3) 鍋にタマネギとジャガイモ、インゲンを入れ、ひたひたの水を加え、蓋をして軟らかくなるまで煮る(水は適宜加える)。

(4) (3)が軟らかくなったら、ナス、トマト、ナポリタンソースを加える(水の量が多い時は、野菜を加える前に、ひたひたに漬かる程度まで水の量を減らす)。

(5) 5~6分煮込み、味を見て砂糖を加える。器に盛りつけて出来上がり。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事