文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

皮膚がん(3)メラノーマ 治療法に進歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
皮膚がん(3)メラノーマ 治療法に進歩

免疫治療薬が効き、元気に仕事をする内藤さん(神奈川県海老名市で)

id=20190711-027-OYTEI50000,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

足にできたメラノーマの例(山崎さん提供)

 1日にさばく切り身は800枚。神奈川県海老名市の内藤広行さん(70)は、鮮魚店の3代目。店主を長男に譲ったが、調理台で魚をさばき続ける。「まだ息子には負けないよ」。5年前、悪性黒色腫(メラノーマ)で余命6か月と告げられたとは思えない回復ぶりだ。

 2009年秋頃、左足の親指の爪に紫色の筋があるのに気づいた。半年以上たっても消えないので皮膚科にかかると、大学病院を紹介された。検査でメラノーマと診断され、翌日に手術で親指を切除した。

 メラノーマは、皮膚の色やほくろに関係する細胞ががん化したものだ。ほくろと違い、形は左右非対称で大きく、縁や色にむらがある。足の裏や爪先にできることが多い。他の臓器などに転移しやすく、悪性度の高いがんとして知られる。

 手術時に転移はなく、担当医の「90%(の確率で)治りますよ」の言葉に安心した。だが14年5月、定期検査で骨盤のリンパ節と肺に転移が見つかった。

 「効果は期待できませんが、抗がん剤をやりましょう」。無責任にも聞こえる担当医の言い方に、「効かないのにやるんですか?」と強い口調で聞き返した。「しなければ余命6か月です」。この医師のもとで、納得のいく治療が受けられるか疑問が芽生えた。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事