文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

【最終回】素直ではないけど個性的で愛しい子どもたち 元気に大きくなりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 第1子の妊娠中から、こちらのコラムで子どもの成長を (つづ) ってきました。今では、娘は7歳、息子は3歳。大変、元気に大きくなりました。しかし、石川啄木の「友がみな われよりえらく 見ゆる日よ……」という歌ではありませんが、他の人の子育てが自分より優雅で、楽そうに見えてつらいことも多いです。

 うちの子どもたちは、体はとても健康で、熱を出して休むこともほとんどありませんし、夜もよく眠ります。それだけでもとても恵まれているとは思うのですが、2人とも頑固で我が強く、説得や懐柔には応じません。そればかりか、一度、かんしゃくのスイッチが入ると、なだめても叱っても、どうやっても収まらないのです。

 たとえ、それが公共の場であっても。しかも、こちらに暴力をふるってくるので、ずっと無視しておくわけにもいかず、人前で、ものすごく恥ずかしく、いたたまれない思いをしたことが数限りなくありました。

プールでかんしゃく起こし…

神戸王子動物園でフラミンゴを見る娘です

 例えば、このようなことがありました。

 友人2人と、全員子連れで、プールと温泉のある施設に行ったのですが、息子が流れるプールを気に入ってしまい、温泉に移動しようとしても、「もう1しゅう」「もう1かいだけ」と、切り上げる気配がありません。

 説得し、抱き上げようとすると号泣してすごい力で抵抗し、小脇に抱えて温泉の脱衣所に連れて行っても断固として水着を脱ごうとしません。周りで見ていた方が、息子を説得しようと試みていたのですが、気がひけるほど大きな声で泣くばかり。その後、どうやってお風呂に入れたか、疲れすぎて記憶にないのですが、泣き疲れるという言葉は彼の辞書にはないようです。彼自身もつらいのでしょうが、親はただただしんどいです。

 公共の場では、かんしゃくの状態だと「ちゃんとしつけていない親」と見られるし、叱っても「児童虐待」と見られるし、どちらにしても一度スイッチが入ると収まらないので、恥ずかしさとうるさくして申し訳ない気持ちでどうしようもなくなります。

 友人親子と一緒にいるときに、かんしゃくを起こすこともしばしばあり、「お子さんがこんなふうになることある?」と聞くと、「イヤイヤはあるけどここまでのことはない」と言います。

 周りの子どもたちを見ていると、「そつなく、いろんなことがこなせて、親は楽なんだろうなあ……」と思ってしまうことが多く、石川啄木の歌が身にしみる日々なのです。

児童精神科に行ってみました

 そんなある日、知人の医師が、ご近所に精神科クリニックをオープンさせました。「児童精神科」もやっているとのことなので、早速かかってみることにしました。今までも、子どものイヤイヤ期について児童精神科医に相談したりしたこともあったのですが、ちゃんと受診してみたかったのです。

 予約をすると、受診に先立って多数の問診票が送られてきました。生まれてから今までの間にあったことについて、当てはまることがないか答えていくのですが、発達に何らかの「特性」がないか、細かく聞かれているようでした。そして受診の日、診察室でいろいろなエピソードをお話しすると、先生は受容的な態度で聞いてくださいました。

 うちの子は、どうも発達に何かあるということではなく、キャラクターが濃くてパワーがあり余っている、という感じのようでした。診察で励まされ、リフレッシュしてまた育児に臨み、また疲れて診察を予約する、というサイクルでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

ありがとうございました

おこりんぼママ

今まで色々なお話を伺い考えさせられること、代弁して頂きたいことの発信などに 助けられてきました。 高校生の長男にはかなり悩みどこかに預かって頂き...

今まで色々なお話を伺い考えさせられること、代弁して頂きたいことの発信などに
助けられてきました。
高校生の長男にはかなり悩みどこかに預かって頂きたく他県にまで相談するほどでした。
現在は落ち着き関係性も良好です。
その当時に児童精神科でCAREプログラムに出会えていたら息子はもっと楽に生きることが出来たのではと考えました。
子育ての相談をするだけでママ失格のレッテルが張られやすい世の中はつらいです。
子育て現役世代の考えも変わるべきですが、子育て現役世代の親(祖父母)・社会(政治家・企業・子供のいない独身者など)も変わるべきと考えます
また、カウンセラーや精神科医の質の向上も必要です
私たちの子供が親になる時代には子育ては楽しい!たくさんの子供を育てたいと
思える時代になりますように。

つづきを読む

違反報告

ありがとうございました。

sekire

3歳0ヶ月の女の子を育てています。妊娠中から先生の「妊娠、出産」「授乳」に関する著書を愛読させていただいておりました。 私の娘も「頑固で我が強く...

3歳0ヶ月の女の子を育てています。妊娠中から先生の「妊娠、出産」「授乳」に関する著書を愛読させていただいておりました。

私の娘も「頑固で我が強く懐柔には応じず」「かんしゃくのスイッチが入ると収まらない」性格です。おっぱいへの執着も強く、未だ卒乳できず家にいる間はずっと触りたがります。(卒乳していないためか、夜おっぱいをまさぐり起きてしまうこともしばしばです。)

同じ月齢のお子さんと比べ、語彙料が多かったり、かなり具体的に会話ができたり、論理的に物事を考えられたり、良い面もたくさんあるのですが、いったん怒りのスイッチが入るとどんな状況でも収まらなかったり、食べることも嫌いで毎食食べるように促すのに何時間もかかり(牛乳は大好きで、その他お気に入りのものを少し食べる程度です。)「説得」「ひたすら耐える」時間が多くあり、産後の睡眠不足も未だ解消せず心身が疲れがちです。

そんな中、宋先生の当コラムに幾度となく励まされ、勇気付けられてきました。先生のあたたかいお言葉、お子さん達へ向ける優しい眼差しにたくさん助けていただきました。卒乳の気配もありませんが、先生のお嬢様の時のコラムも参考にし、本人が納得いくまで、と考えております。「最終回」の題名を見て大変残念に感じておりましたが、また新たなシリーズが始まるとのこと、安心しました。

これからも応援しています。
新シリーズも楽しみにしております。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事