文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

輸入病原体 5種を指定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 根本厚生労働相は5日、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)の研究施設に今夏にも輸入する病原体について、エボラ出血熱など5種類を感染症法に基づき指定した。

 指定されたのはこのほか、クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱、マールブルグ病、ラッサ熱の病原体。いずれも致死率が高く感染症法で最も危険度が高い1類の感染症に指定されている。生きた病原体を使えば従来より精度が高い検査ができるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事