文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

マスクが「花粉を分解」根拠なし、大正製薬などに措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 花粉などを分解するとしたマスクの広告表示に根拠がないとして、消費者庁は4日、大正製薬、DR.C医薬、玉川衛材(いずれも東京)とアイリスオーヤマ(仙台市)の4社に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。

 発表によると、4社は2013年10月以降、販売するマスク計約20商品の包装に、「花粉を水に変える」「光の力で分解する」などと記載。花粉などの体内吸入を防ぐ効果があるかのように商品を宣伝していたが、4社が同庁に提出した資料では、根拠を確認できなかったという。

 読売新聞の取材に、大正製薬は「今後の対応を検討する」とし、ほかの3社は「 真摯しんしに受け止め、再発防止に努める」などとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事