文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

がんを語る

コラム

肺がん(上)「人間ドック受けていたのに」「レントゲンに写らなかった」……いきなり「ステージ4」、検診の限界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「がんを語る」第4回のテーマは肺がん。最新のデータでは、国内での年間の新たな患者は11万人以上、死亡者は約7万4000人です。がんの部位別患者数では、大腸がん、胃がんに続いて3番目ですが、死亡者数は第1位。これは、約半数の患者が、手術できない段階にまで進行してから診断されるためです。ただ、近年、薬物療法の進歩は目覚ましく、進行がんでも長期生存が可能になってきています。そんな現状を3人の方に語ってもらいました。

肺がん  早期はほとんど無症状で、進行すると、 (せき)(たん) 、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの症状が出る。右肺は三つ、左肺は二つの肺葉に分かれており、手術では、がんのある肺葉ごと切除することが多い。がんの広がり次第で、片側の肺全部をとる全摘や、肺葉の一部だけを切除する縮小手術も行われている。手術が難しい場合は、放射線治療や薬物療法が治療の柱になる。集団検診での肺がん検査は、胸部エックス線(レントゲン)検査が広く普及している。

参加者(敬称略)

余命「1年くらい」と言われ、今10年目

――自己紹介をお願いします。

長谷川 (写真) 横浜に住んでいます。がんが見つかったのは2010年、もう9年前になります。当時39歳で、子供は小2と年長組。青天の 霹靂(へきれき) でした。

 診断された時点でステージ4(注1)でした。余命も「1年ぐらい」と言われていましたが、薬がすごく効いて、何とか今、10年目にまで来ているという感じです。治療を始めた頃は、「5年生存率が数%」と古い数字を聞いていたので、ここまで来られるとは思ってもいませんでした。

田中  肺がんがわかったのは15年6月。今年6月で丸4年です。3人家族で、一人娘が今年23歳。当時は、神戸の短大に送り出して、「ああ、やれやれ」っていうときでした。

 1週間ほどおなかが痛く、吐き気もありました。その10年ほど前に胃がんで胃を半分切っていますが、胆のうは残していたので「胆のう炎かな」と思い、胃がんの手術をした病院に問い合わせました。「2日後に来てくれ」と言われましたが、心配で2日も待てず、すぐに個人病院に行って腹部エコーを撮ってもらいました。「肝臓付近にちょっと気になる影がある」ということで、すぐ総合病院に紹介されてCT(コンピュータ断層撮影法)を受けました。腹部造影でしたが、肺も気になって撮ってもらい、肺がんが見つかりました。

――肝臓付近の影は何だったのですか。

田中  肺から副腎への遠隔転移でした。だから、ステージ4ですね。手術も放射線治療もできなくて、すぐ化学療法に入りました。

抗がん剤がつらく、休薬して今後の治療を検討中

――効果はどうでしたか。

田中  最初の抗がん剤は結構効いて、副腎のがんは、CT上では見えなくなりました。肺の方も半分くらいになりましたが、その後、右肺の下葉に新しくできたり、原発のがんが大きくなったりしました。オプジーボなど、いろいろな薬を試していますが、今年1月の検査でもあまり効いていないということで、また薬を変えることになりましたが、抗がん剤治療がつらいのと、体調がすごく良かったこともあり、今はちょっと休薬して今後の治療を考えているところです。

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

がんを語る3-thum

がんを語る
男性の3人に2人、女性の2人に1人が、がんになる時代です。このコーナーでは、がん種別に患者や経験者を招き、病との向き合い方を話し合います。
※記事内容や写真を他のメディアに無断引用することはお控えください。

がんを語るの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事