文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

「無給医」、50大学病院に計2191人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 全国の大学病院で診療を行う医師、歯科医師(教授から助教の教員除く)のうち、7%の2191人は勤務実態があるのに給与が支払われていない「無給医」と確認されたことが28日、文部科学省の調査でわかった。医師免許を持つ大学院生や専門医を目指す専攻医らが大半で、「自己研さんにあたる」などとされていた。労働基準法に抵触する可能性があり、文科省は労務管理を改善するよう各大学に通知した。

 調査は国公私立99大学の108付属病院が対象。昨年9月時点での3万1801人の給与支給などを調べた。その結果、2191人が、「自己研さんや研究」の範囲を超えて勤務実態がある「無給医」と判断された。順天堂大医学部付属順天堂医院(東京)が最多の197人。北海道大学病院(北海道)146人が続き、計50病院で無給医の存在が確認された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事