文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

うんこで救える命がある

コラム

うんこを見るモチベーションを高める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

行動を習慣化するには

 行動を習慣化するまでの最初の数週間は、ご褒美をあげる方法、つまりインセンティブを利用して動機付けをして、その間にモチベーションに意味付けしたり、別のインセンティブに切り替えたりして、長期的に進めていくような設計にするのがオススメです。もし「ポケモンGO」を6週間以上歩きたくなるような健康促進に役立つゲームにしようとするなら、ポケモンが欲しいからではなく「歩くことが楽しい」という気持ちになる変化をどこかで起こす仕掛けが必要なのかもしれません。

 僕たちは今、「うんこ」と「美少女」を題材にした、大腸がん検診率向上を目指したスマホゲーム「うんコレ」を開発中です。「ポケモンGO」と同様に、もし皆さんにうんこを見るモチベーションを高めてもらおうと思ったら、一時的にはゲームやエンターテインメントの力を借りてモチベーションを高めつつ、その間に運動する喜びや、病気を改善する喜びを感じる内的なモチベーションを高めていくよう誘導することが重要だと考えています。そんなモチベーションいらない、と改めて言われそうですが、うんこを見るモチベーションが高められたら、まぁ大体どんなモチベーションでも高められると思いますので、まずはうんこを見るという成功体験をしてみるのはどうでしょうか?

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ishiyousuke_prof

石井洋介(いしい・ようすけ)

 医師、日本うんこ学会会長

 2010年、高知大学卒業。横浜市立市民病院炎症性腸疾患科、厚生労働省医系技官などを歴任。大腸がんなどの知識の普及を目的としたスマホゲーム「うんコレ」を開発。13年には「日本うんこ学会」を設立し、会長に就任。現在は、在宅医療を展開する山手台クリニック院長、秋葉原内科saveクリニック共同代表、ハイズ株式会社SHIP運営代表、一般社団法人高知医療再生機構特任医師。著書に「19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたこと」(PHP研究所)など。

うんこで救える命があるの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事