文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr .ヒラの「知って安心 市販薬の話」

コラム

眠気の原因、気づいていますか? 「尿」の文字入り成分に要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今回は、普段からよく頭痛に悩まされている方が使う市販薬を取り上げました。なお、コラムの最後に、市販薬データ集『クスリ早見帖』を全国の病院・診療所に無償で届けるためのクラウドファンディングのご案内をさせていただきました。ぜひとも、最後までお読みください。

頭痛の処方薬切らし、市販薬を使ったら午後に眠気

イラスト 奥山裕美

イラスト 奥山裕美

 30代の女性。高校生の頃から頭痛に悩まされることが多く、社会人になってからも数か月に1回は頭痛が起きていました。頭痛の時は、近所の診療所で処方された解熱鎮痛薬(ロキソプロフェン)を服用しながら、なんとか痛みを抑えるということを繰り返していました。

 最近、仕事が忙しく、診療所を受診できなかったため、解熱鎮痛薬を切らしてしまい、近所のドラッグストアで購入した市販薬で対応することにしました。その店舗では、薬剤師不在のためロキソプロフェンの製品は購入できず、他の製品で代用することになりました。

 その市販薬も、病院から処方されたロキソプロフェンと同様、頭痛に効果的で、朝食後と昼食後に服用すれば、勤務中の頭痛には効果的でした。しかし、午後の後半になると眠気が出るようになりました。その市販の解熱鎮痛薬にはカフェインが入っており、むしろ目が覚めるのではないかと思っていたそうで、実際、服用後の1~2時間は目がすっきり覚めていました。そのため、仕事の疲れで眠くなっているのではないかと思ったそうです。

 さて、この方の眠気の原因は何でしょうか? 

解熱鎮痛薬に含まれていた催眠鎮静成分

 この市販薬には、催眠鎮静薬が入っていました。診療所から処方されていた薬はロキソプロフェンの単剤(有効成分がひとつの薬剤)でしたが、市販薬はイブプロフェン+カフェイン+催眠鎮静薬の合剤(有効成分が二つ以上の薬剤)でした。

 催眠鎮静薬は脳に作用し、心と体の興奮や緊張を和らげる医薬品で、眠気の原因になることがあります。この種の医薬品は、安定剤、精神安定剤、抗不安薬、ねむり薬、睡眠薬、眠剤、睡眠導入薬、鎮静薬、トランキライザーなどと呼ばれることもあります。

 この女性のケースでは、目を覚ます効果のあるカフェインよりも、催眠鎮静薬の作用時間が長く続き、カフェインの効果が落ちたあとで、眠気が出るようになったのではないかと考えられます。つまり、眠気の原因は市販の解熱鎮痛薬の副作用でした。

 市販の解熱鎮痛薬で使われている催眠鎮静薬の成分には、「アリルイソプロピルアセチル尿素」と「ブロモバレリル尿素」の2種類があります。これらを含む市販の解熱鎮痛薬の説明文には、カフェインと催眠鎮静薬のどちらも、「痛みをおさえる働きを助ける」という趣旨の記載があり、催眠鎮静薬の入っていることが明確には示されていません。

 そのため、添付文書の使用上の注意欄に、「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください」との記載はあるのですが、必ずしも服用後すぐに眠くなるわけではないので、市販薬の副作用だとは気づきにくいようです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

dr.hira-prof150

平 憲二(ひら けんじ)
 1966年、宮崎県生まれ。総合内科専門医。株式会社プラメドプラス代表取締役。91年、宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒。2001年、京都大学大学院医学研究科博士課程内科系専攻修了(臨床疫学)。03年、京都大学病院総合診療科助手。05年に株式会社プラメド、13年に同プラメドプラス設立。著書に「クスリ早見帖ブック 市販薬354」(南山堂)、「クスリ早見帖副読本 医師が教える市販薬の選び方」(PHP研究所)、「クスリ早見帖ポッケ かぜ・解熱鎮痛・咳止め・鼻炎の市販薬」(大垣書店)。

Dr .ヒラの「知って安心 市販薬の話」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事