文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 羽田美智子さん](下)「絵に描いた幸せ」を追いかけていた……変わった自分「特急から快速に乗り換えた感じ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

4年前に体調を崩して入院

[女優 羽田美智子さん](下)「絵に描いた幸せ」を追いかけていた……変わった自分「特急から快速に乗り換えた感じ」

――大きなご病気の経験はありますか。

 4年前に、おなかの調子を崩して、入院したことがあります。

 体調を崩した原因は、食事だったと思います。食べたいときに食べられないし、長時間着物で動いてセリフを言って、座る時間もなく、食べるときも帯で締め付けていたりとか。そんな状態が4、5年続いたら、病気になりました。

 病気って、ある日突然ではなく、原因があって体が悲鳴をあげているのに気づかず、放っておくとなるんですね。

 女優業は体が資本で、誰も代わってくれません。舞台は絶対に穴をあけられません。はってでも仕事に行かないと、契約違反になってしまいます。健康管理しない女優なんていませんが、それでも体を壊すことはあります。みんなそうだから、俳優仲間で健康管理の話をすると、反応が早く、聞いた方法を翌日からすぐに実践する人もいます。

――食生活は和食中心ですか。

 体を壊した時、医師に勧められるのは和食ですよね。元気なときは中華でもイタリアンでも食べられますが、入院中の病院食は、おかゆや、ジャガイモ、カボチャを煮たものとか、昔、親が作ってくれたような和食です。「人は弱ったら、こういうものが必要になるんだな」と思いました。

 料理は全然得意じゃなくて、レパートリーのほとんどが和食です。帰宅して30分以内に作り終えて食べたいと思うので、なるべく手のかからないものにします。

 最近は、「人はあまり食べないものなんだ」と気づきました。昔は、おかず3品以上にデザートとか、家でもフルコースを食べようとしていましたが、今はシンプルで、ごはん、みそ汁、漬物のほか、ちりめんじゃこ、のりなどが1品あればいい。料理のハードルはすごく低くなりました。人には出せないかもしれないですが、私にはそれで十分です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事