文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

訪問診療にできること~最期まで人生を楽しく生き切る~

コラム

余命1か月と宣告された88歳、認知症の女性、薬剤の見直しで11年生きた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
余命1か月と宣告された88歳、認知症の女性、薬剤の見直しで11年生きた

写真 幡野広志

 私がクリニックを開業して間もないころ、ある患者さんが近くの大きな総合病院から紹介されてきました。

 88歳の女性、完全な寝たきりの状態でした。入院中から食事をとらなくなったため、左手から点滴が入っていました。認知症の終末期であり、「ご家族には余命は1か月程度と説明しています。自宅での 看取(みと) りを希望しています」と病院からの紹介状には記載されていました。

 

 声をかけるとうっすらと目を開くものの、すぐに閉じてしまいます。少量のゼリーを口に含ませると、かろうじて飲み込むことができますが、2口目になると口の中にため込んでしまいます。

 「回復の見込みはないと言われているけれど、せっかく家に帰ってきたのだから、一日でも長く母と過ごしたい。だからできることはやってあげたいんです」

 息子さんはそう言って、粉砕した薬をゼリーに混ぜて、一生懸命、お母さんに飲ませていました。

治療継続のための投薬が……

 息子さんから入院前の様子を聞いてみました。

 確かに軽度の認知症はあったようですが、家の中での生活はおおむね一人でちゃんとできていました。毎日、家の周りを散歩して、コンビニで買い物をして帰ってくるのが日課だったそうです。

 ある日、熱を出してぐったりしているところを息子さんが発見し、病院に連れていきました。

 診察と検査の結果、診断名は「 誤嚥(ごえん) 性肺炎」。その場で応急入院となり、点滴と酸素投与による治療が始まりました。

 その日の深夜、息子さんは病院から呼び出されました。お母さんが家に帰るといって点滴や酸素のチューブを外してしまうというのです。病院からは「安全に治療を継続するための投薬」を提案され、自宅に帰るか、投薬するかの二者択一を迫られた息子さんは、投薬による治療継続を選択しました。

 お母さんは治療に抵抗しなくなり、肺炎の治療はスムーズに進みました。しかし、徐々に動いたり、話したりしなくなり、そして食事もとれなくなってしまいました。肺炎はよくなっているはずなのに、どんどん元気がなくなっていきます。

 そして、ある日、入院主治医から「認知症が進行してしまい、食事を認識できなくなってしまっている。回復の可能性は低い」と説明され、それなら家に連れて帰りたい、と、在宅医療が始まったのです。

「寝たきり」が投薬中止で散歩できるまでに

 紹介状の文面から、息子さんが飲ませていた薬を確認すると、いずれも強力な抗精神病薬であることがわかりました。これらは治療するための薬ではなく、お母さんが治療に抵抗できないようにするための薬だったのです。

 息子さんに薬について説明し、投薬をすぐに中止するよう指示しました。

 それから2日、お母さんは目を開き「のどが渇いた!」とはっきりと言葉を発しました。口から水分が取れることがわかったので、点滴を外しました。食事の量もどんどん増えて、訪問リハビリテーションを開始すると、3か月後には家の中を伝い歩きができるようになり、車いすで外出もできるようにもなりました。

 そして、それから3か月後。自分で車いすを押して、いつものコンビニまで散歩しているお母さんの姿がありました。

 余命1か月と宣告されていた彼女は、その後11年生き、住み慣れた自宅でご家族に見守られて、穏やかに人生の幕を閉じました。亡くなる前日には、大好きだったウナギを家族みんなで食べたそうです。

薬が認知症などを悪化させる可能性も

 典型的な「せん妄」のケースです。

 「せん妄」とは、もともと病気がある人、または体調がよくない人に、何らかのストレスがかかった時に起こる精神的な混乱の一つです。人によっては幻覚が見えたり、興奮したり、意思の疎通が難しくなったりします。

 特に高齢者の場合、入院に伴う環境変化だけで1~3割の人がせん妄を起こすといわれています。薬物の投与に伴う、せん妄もよく知られています。そして、このせん妄を誘発している原因を放置すると、心身の機能が急速に低下していきます。

 彼女は入院を契機にせん妄を発症し、薬物によりそれが増強されました。その結果、寝たきりになり、認知症が悪化したように見えていたのです。

 海外の研究によると、認知機能障害と診断されている高齢者の11.4%に薬剤の影響が認められ、3.2%は薬剤が原因の認知症だとされています。また、回復可能な認知症のうち18.5%は薬剤によるものであったという報告もあります。

 アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症など、認知症の原因疾患を治療するための薬(抗認知症薬)についても、人によっては興奮しやすくなったり、元気がなくなったり、認知症の症状を悪化させるケースがあることもわかってきました。

 もちろん、薬は病気を治療するための重要な武器です。しかし、薬は常に 諸刃(もろは) の剣。安全な薬などない、薬が寝たきりを作る、認知症などの症状を悪化させる可能性があるのだ、ということについても十分に留意しておく必要があると思います。

 せん妄を起こしやすい薬についても、知っておくとよいと思います。よく使われている薬の一部をご紹介します。中には薬局で直接購入できるものもあります。

(1) 睡眠薬・抗不安薬
(2) その他の精神科の薬(抗不安薬・抗精神病薬・抗うつ薬)
(3) 抗コリン薬(アレルギーや過活動ぼうこう=頻尿=の薬の一部)
(4) H2ブロッカー(制酸剤の一部)
(5) 降圧薬・不整脈の薬の一部
(6) ステロイド

 これらの薬は認知症の悪化だけではなく、転倒や誤嚥のリスクを高め、食欲を低下させるなどの共通の傾向があります。治療のために必要なものは副作用に十分気を付けながら使いましょう。そして、必要性の低いものは、なるべく早めに中止するようにしましょう。

 もっと詳しく知りたい方は、日本老年医学会が取りまとめた「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」を読んでみてください。無料でPDFをダウンロードすることができます。

https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/20170808_01.pdf

(佐々木淳 訪問診療医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sasaki-jun_prof

佐々木淳(ささき・じゅん)

 医療法人社団悠翔会理事長・診療部長。1973年生まれ。筑波大医学専門学群卒。三井記念病院内科、消化器内科で勤務。井口病院(東京・足立区)副院長、金町中央病院(同・葛飾区)透析センター長を経て2006年MRCビルクリニック(在宅療養支援診療所)設立。2008年、団体名を悠翔会に改称。首都圏12か所で在宅療養支援診療所を運営する。

訪問診療にできること~最期まで人生を楽しく生き切る~の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事