文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

ニュース・解説

老眼、どうしたらいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

眼鏡などで視力調節を

老眼、どうしたらいい?
id=20190624-027-OYTEI50004,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

  最近、物が見えづらくなってきた。

 ヨミドック 目のピント調節がうまくできなくなる老視(老眼)かもしれません。だいたい40歳代で始まるといわれています。

  年を取ったから?

  カメラのレンズの役割を果たす水晶体は、毛様体の働きにより厚さを変え、見ている物にピントを合わせています。年を重ねると水晶体が硬くなり、ピント調節がうまくできなくなる。近視の人も、老眼になります。

  イヤだ。老眼にはなりたくない。

  老化現象なので防げません。遠くと近くを交互に見て毛様体を鍛えたり、目を温めて血行を良くしたりすると、進行が遅くなると感じる人もいるようです。ただ、実際に効果があるかどうかはわかっていません。

  どうしたらいいの?

  老眼鏡やコンタクトレンズを使って、よく見えるよう調節しましょう。目の負担を軽くしてあげることです。老眼鏡には、単焦点のものや遠近両用の二重、三重焦点のタイプなどがあります。遠くと近くの視力の差が大きい場合は、「外出用」「読書用」など、それぞれの老眼鏡を作って使い分けるといいでしょう。視力の差が少なければ、遠近両用のコンタクトレンズを使う選択肢もあります。

  自分の「遠近の視力差」を知るには?

  眼科医にみてもらいましょう。遠くを見てから近くを見た時、すぐにピントが合わなければ、老眼の可能性があります。「スマホ老眼」というのもあるんです。スマートフォンなどを長時間使うと、若い人でも毛様体がけいれんを起こし、正常に働かなくなる。目を休めたり点眼薬を使ったりすると治りますが、老眼が進んだのか、スマホ老眼になったのか、自分ではなかなか判断ができません。

id=20190624-027-OYTEI50005,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

  老眼を放っておくとどうなるの?

  物が見えづらい状態を続けていると、目の奥の痛みや頭痛、肩こりなどの症状が出てきます。目の病気の可能性もあります。我慢せずに眼科を受診してください。

 (利根川昌紀/取材協力=鶴岡三恵子・お茶の水・井上眼科クリニック眼科医、糸井素純・道玄坂糸井眼科医院長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事