文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

九大に1.5億円賠償命令 病院 「脳腫瘍の疑い」見落とす…福岡地裁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 九州大学病院(福岡市)の医師が脳腫瘍の疑いがあるとする検査結果を見落とし、脳腫瘍を放置したため後遺症が残ったとして、福岡県に住む30歳代の女性が病院を運営する九大に約1億9700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は21日、九大に約1億5750万円の支払いを命じた。波多江真史裁判長( 松葉佐まつばさ 隆之裁判長代読)は、病院側の過失で後遺症が生じたと判断した。

 判決によると、女性は2006年、不眠などを訴えて同病院心療内科を受診し、頭部CT検査を受けた。放射線科の医師は脳腫瘍の疑いがあるとする報告書を作成したが、心療内科の医師がその記載を見落とした。

 女性は5年後に自宅で転倒して再び検査を受け、増大した脳腫瘍が見つかった。腫瘍の摘出手術を受けたが、記憶力の低下や左手の機能障害などが残った。

 大学側は記載を見落とした過失を認める一方、検査時点で脳腫瘍を見つけていても後遺症は残ったと主張。しかし、判決は「見落としがなければ腫瘍が増大する前に摘出手術を受け、後遺症を防げた可能性が高かった」と判断。今後の介護費用などの賠償責任を認めた。

 女性の母親は判決後に福岡市で記者会見し、「娘は前日の出来事も忘れるようになり、普通の生活を奪われた。九大には謝罪をしてほしい」と話した。九大は「結果として治療開始が遅れたことを大変申し訳なく思う。判決内容を精査し、今後の対応を検討したい」とのコメントを出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事