文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

コラム

嫌いな人は自分の鏡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 勤務先の販売会社で受けた「ストレスチェック」で、「高ストレス者」と判断された28歳の小川恵子さん(仮名)は、産業医面談に訪れました。

 彼女は短大卒業後に入社、8年目の社員。営業部販売課で仕事をしています。明るく笑顔が多いタイプですが、同僚であるひとつ下の宮本美江さん(仮名)が、気になって仕方がありません。

 「彼女がひどく私を嫌っている。美江さんの言葉やしぐさからわかる」「私と会うと、いつも嫌な顔で避けられている」。そんなお悩みです。思い余って相談した同僚2人は、「そんなことはないよ」「思い過ごしじゃない?」と言うのですが、「私はシンドイです」。

「私は同僚に嫌われている」

夏目: 産業医の夏目です。「高ストレス」でしたね。悩んでいるのは?

恵子さん: 同じ営業部の同僚とうまくいきません。私をひどく嫌っていて。露骨に。なぜだろうかと考えるのですが、思い当たりません。それが続くのでむかつく。何とかしてください。

夏目: そうですか。

恵子さん: 理由がわからないからつらい、むかつく。

夏目: 同僚はどう見ていますか。

恵子さん: ピンと来ていないみたい。「そんなふうには見えない」と言います。

夏目: そう見ては、いないのですね。

同僚は根暗で笑顔がない

恵子さん: 彼女は陰湿だから。わからないようにするのよ。美江は笑顔がないんだ。根暗だよ。顔をよく合わせるし、仕事も一緒にするから、つらい。

夏目: そうですか。

恵子さん: 私も暗いと言われたことがある。明るく見えるように笑顔を気にするようになったよ。

夏目: 恵子さんも、美江さんと同じような印象を与えていたの?

恵子さん: 間違い。暗いと言われたことはない。取り消し。

夏目: そうかなぁ。

恵子さん: 言い間違い。

「言い間違い」に無意識が表れる

 恵子さんは、かつて自分も、「暗い」と言われたことを話し出し、すぐに否定しました。専門的に見ると、こうした「言い間違い」に心を理解する鍵が潜んでいます。

<感情の高ぶりが静まるのを待って>

夏目: 「精神分析学」では、人には「日常生活に対応していくゾーン」「何かあれば思い出す潜在意識」「自分ではわからない無意識の世界」の三つのゾーンがあるとしています。理論ですよ。その中でも「無意識の世界」の力は大きい。

恵子さん: 三つのゾーンね。

夏目: <図のようなイラストを描いて説明しました>

  右側が恵子さんです。ハートが「無意識の世界」で、そこには、「いまの自分」と「嫌いな自分(影)」の二つがありますね。

「影と投影」理論とは

抑圧された「嫌いな自分」を知ること

夏目: あなたにとっての「嫌いな自分」とは、「根暗で笑顔がない自分」です。あなたは、それを自分の意識から隠したのでしょう。ユング博士は、それを「影(シャドー)」と名付けています。「影」を「無意識の世界」に閉じ込めてしまうわけです。専門的に「抑圧」と言いますが、そうなれば、「嫌いな自分」を忘れることができます。

恵子さん: エーッ、何を言われているかわからない。

<動揺しているので、時間をとりました>

夏目: 専門的な説明ですからね。難しいですが、聞いてくださいね。ユング博士の有名な「影と投影」理論で、あなたの悩みは解明できますよ。

恵子さん: 「影」「投影」、わからない。

夏目: 肝心なところなので説明させてください。あなたが、美江さんと接触すると、その言動で、ハートの左側の「嫌いな自分」が刺激されます。彼女の言動は、映し出された「嫌いな自分」です。

<難しい理論なので、繰り返し説明しながら、理解を待ちます>

 美江さんはあなたの嫌いな部分を映す鏡なのですよ。専門的には「投影」と呼ばれています。

恵子さん: 専門的な言葉で丸め込まれる感じがする。

夏目: 次回にしましょう。描いたものを持って帰ってください。落ち着いてから、読んでくださいね。

 2回目の面談では、初回の「影と投影」理論をもう一度説明し、恵子さんの疑問に答えました。整理する時間が必要と言われましたので、次回にしましょうと提案しました。

理屈は納得、感情は反発……3回目の面談

夏目: わかってくれましたか。

恵子さん: 理屈は分かりますが、気持ちは反発して。

夏目: そうですね。

恵子さん: でも、楽になるのであれば、そう考えてみます。

夏目: まとめますと「嫌いな自分(影)」は抑圧され、「無意識の世界」に存在していますが、美江さんの言動に刺激されて動き出します。美江さんと接触すればするほど、「嫌いな自分」を「鏡」で長時間、見ることになります。しんどいでしょう。

恵子さん: 「私の嫌いな自分」を美江さんが持っているのね。

夏目: そういうことです。理解していただき、 (うれ) しいです。よく「嫌いな人は、自分の鏡」と言います。

恵子さん: 「鏡」は実感できます。でも、彼女が私を嫌っている説明にはならないですよね。

夏目: 恵子さんは、美江さんを嫌っていると思われたくありませんよね。周囲が気づけば、自分の知られたくない面が、わかってしまうかもしれません。それは避けたいですね。

「心の防衛作用」の働きで

恵子さん: それで……。

夏目: 自分を守るために、無意識の働きで、「美江さんが私を嫌っている」と逆転した受け止め方をしているのです。「自我防衛メカニズム」と言います。無意識の働きなので、あなたにはわかりません。

<理解する時間を取りながら>

恵子さん: そうか、自分を守っていたんだ。「美江さんは私を嫌っていない」っていう仲間の意見が正しかった。「独り相撲」を取っていたのですか?

夏目: そうです。

恵子さん: 理屈ですね。でも、私なりに理解できて楽になれたから、それでOKです。

<恵子さんの表情が明るくなっています>

恵子さん: 人の好き嫌いがありますが、嫌いな人はいつも「自分の鏡」なんですか。

夏目: すべてではありません。対人関係には様々な要因がありますから。ざっくり、経験から言えば対象が3、4人いたら、そのうち1人くらいかなぁ。

無理して明るくふるまわなくてもいい

 恵子さんは3か月後に、ふらりと産業医の部屋を訪れました。「気づいていなかった、嫌いな自分がわかって、良かったです」と言いました。そして、「無理して明るく装うことや笑顔づくりもやめました、少しずつ」と語っていました。

 私はカウンセリングの目的に達したと判断しました。恵子さんが、無理をして明るい自分を演じていることに気づいてくれたからです。

 恵子さんは上手くいったケースで、経験から言えば、4割ぐらいの方は、こうしたカウンセリングで生きやすくなっていきます。

嫌いな人は自分の鏡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事