「里親になりました」 子宮頸がんを経験したエッセイスト・紫しえさん

 俳優・宍戸錠さんの長女で、19年前、妊娠中に子宮 (けい) がん見つかり、子宮も赤ちゃんも失ったエッセイストの紫しえさん(55)。このほど、親元で暮らせない子ども(18歳未満)を養育する里親になり、幼い里子と暮らし始めました。2か月余りたち、親の自覚も生まれてきたという紫さんは、「私のような病気になっても、子どもを育てたいと強く願うなら、こういう選択もあることを知ってほしい」と話しています。

がんは子宮と子どもを一度に奪った

「里子と手をつなぐ紫さん(東京都世田谷区内の公園で)」

 自宅の近くの公園に、夫と愛犬のチワワ4匹とともに、里子を連れてきた紫さん。芝生の上を気ままに歩き回る里子を追いかけながら、笑顔をみせます。「がんは、私から子宮や子も奪ったけど、この子を育てるというセカンドチャンス、新しい人生をくれました」

 紫さんは1999年、現在の夫との間に赤ちゃんができたことがわかった数日後、子宮頸がんを告知されました。

 がんは進行しており、赤ちゃんごと子宮を全摘するしかなく、「母親になるんだ」という幸福感から一転、絶望のどん底に突き落とされました。手術後に飼い始めた愛犬たちを、我が子の生まれ変わりのように思い込み、赤ちゃん用のいすに座らせてテーブルで一緒に食事をしていた時期もあったそうです。「赤ちゃんがいないのに胸が張って、体は母親の準備万端でした。少し頭がおかしくなっていた」と当時を振り返ります。

「人を育てないまま死ぬのかな」

 その後、体調の回復とともに、宍戸錠事務所のマネジャーの仕事などを再開しながら、保護犬活動にも取り組んできました。いつの間にか4匹にまで増えた愛犬の親としての自信がつくと、「自分にも母としての本能がある。人と犬を同じに考えちゃいけないかもしれないけれど、私は人を育てないまま死ぬのかな」という思いが募り、3年前、里親になる決心をしました。

里親希望して3年 あきらめかけていたが……

 とはいえ、希望すればすぐに里親になれるわけではありません。里親登録し、研修を受け、児童相談所が子どもと里親の相性を検討します。なかなか具体的に話が進まず、紫さんは半ばあきらめかけていましたが、昨年末、ようやく里子を受け入れる方向になりました。約半年の交流期間を経て正式に決定し、今春から自宅で一緒に暮らしています。里子は、紫さん夫婦を「パパ」「ママ」、宍戸錠さんを「じーじ」と呼ぶようになり、お風呂は大体、夫が入れてくれるそうです。

 「これから里親として、いろいろな局面があると思いますが、親と暮らせない子を、もし私まで『こんなはずじゃなかった』って放り出したら、二重に傷つけてしまう。そんなことは死んでもできません」。紫さんは、里親としての責任を口にします。長女だった紫さんは、幼いとき、多忙で家庭を顧みない父と母の離婚をすごく恐れていました。「父譲りのハードボイルドな私は3歳のとき、母親に『パパと別れたらママを殺すよ。私が殺す人になっていいの?』と。それくらい、子どもは敏感なのです」

いつか「出会えて良かった」と言ってもらえたら

 最近は、将来の教育についても考えるそうです。「小学校に進んだら、ほかの親は、自分の子どもみたいな年齢。若作りしなきゃいけないなと思ったり(笑)。命ってすごいなあ、人を変えてしまうんだなあと思います」

 里子は、環境が整えば、実の親の元に帰さなくてはいけません。どのくらい一緒に暮らせるかはわかりませんが、紫さんが願うことがあります。「どんな仕事についたとしても、自分と同じような生い立ちの仲間を支援する人になってほしい。私もがんを公表して、多くの人からパワーをもらいました。仲間と助け合うことで、本人も精神的に助かるはず。それから、いつか私たちとのことを、『出会えて良かった』と言ってもらえればうれしいです」(藤田勝 ヨミドクター副編集リーダー)

Outbrain

【子どもを守る】走って登校中に転倒した7歳男児 肩がけの水筒ですい臓損傷、半分切除…腹部への外力は臓器に到達する

【わたしのビタミン】「残りの人生、どう使う」…70歳でパート介護職員になった元損保役員 入居者から「弟みたい」と

【知りたい!】#「肺活」で健康に(上)唇が乾く、歯ぎしり…は口呼吸のサインかも 病気リスク高く

【大人の健康を考える「大人び」】幸福長寿のすすめ(1)百寿者に多い「今が一番幸せ」 衰えても前向きに

宮脇敦士「医療ビッグデータから見えてくるもの」22日スタート