文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.編集室より

医療・健康・介護のコラム

「里親になりました」 子宮頸がんを経験したエッセイスト・紫しえさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

里親希望して3年 あきらめかけていたが……

 とはいえ、希望すればすぐに里親になれるわけではありません。里親登録し、研修を受け、児童相談所が子どもと里親の相性を検討します。なかなか具体的に話が進まず、紫さんは半ばあきらめかけていましたが、昨年末、ようやく里子を受け入れる方向になりました。約半年の交流期間を経て正式に決定し、今春から自宅で一緒に暮らしています。里子は、紫さん夫婦を「パパ」「ママ」、宍戸錠さんを「じーじ」と呼ぶようになり、お風呂は大体、夫が入れてくれるそうです。

 「これから里親として、いろいろな局面があると思いますが、親と暮らせない子を、もし私まで『こんなはずじゃなかった』って放り出したら、二重に傷つけてしまう。そんなことは死んでもできません」。紫さんは、里親としての責任を口にします。長女だった紫さんは、幼いとき、多忙で家庭を顧みない父と母の離婚をすごく恐れていました。「父譲りのハードボイルドな私は3歳のとき、母親に『パパと別れたらママを殺すよ。私が殺す人になっていいの?』と。それくらい、子どもは敏感なのです」

いつか「出会えて良かった」と言ってもらえたら

 最近は、将来の教育についても考えるそうです。「小学校に進んだら、ほかの親は、自分の子どもみたいな年齢。若作りしなきゃいけないなと思ったり(笑)。命ってすごいなあ、人を変えてしまうんだなあと思います」

 里子は、環境が整えば、実の親の元に帰さなくてはいけません。どのくらい一緒に暮らせるかはわかりませんが、紫さんが願うことがあります。「どんな仕事についたとしても、自分と同じような生い立ちの仲間を支援する人になってほしい。私もがんを公表して、多くの人からパワーをもらいました。仲間と助け合うことで、本人も精神的に助かるはず。それから、いつか私たちとのことを、『出会えて良かった』と言ってもらえればうれしいです」(藤田勝 ヨミドクター副編集リーダー)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yomiDr編集室よりver03

yomiDr.編集室より
ヨミドクターの編集担当者が、小耳にはさんだ健康や医療の情報をご紹介。お勧めのコラムに込めた思いなどもつづります。

yomiDr.編集室よりの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事