文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.編集室より

コラム

「里親になりました」 子宮頸がんを経験したエッセイスト・紫しえさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 俳優・宍戸錠さんの長女で、19年前、妊娠中に子宮 (けい) がん見つかり、子宮も赤ちゃんも失ったエッセイストの紫しえさん(55)。このほど、親元で暮らせない子ども(18歳未満)を養育する里親になり、幼い里子と暮らし始めました。2か月余りたち、親の自覚も生まれてきたという紫さんは、「私のような病気になっても、子どもを育てたいと強く願うなら、こういう選択もあることを知ってほしい」と話しています。

がんは子宮と子どもを一度に奪った

「里親になりました」 子宮頸がんを経験したエッセイスト・紫しえさん

「里子と手をつなぐ紫さん(東京都世田谷区内の公園で)」

 自宅の近くの公園に、夫と愛犬のチワワ4匹とともに、里子を連れてきた紫さん。芝生の上を気ままに歩き回る里子を追いかけながら、笑顔をみせます。「がんは、私から子宮や子も奪ったけど、この子を育てるというセカンドチャンス、新しい人生をくれました」

 紫さんは1999年、現在の夫との間に赤ちゃんができたことがわかった数日後、子宮頸がんを告知されました。

 がんは進行しており、赤ちゃんごと子宮を全摘するしかなく、「母親になるんだ」という幸福感から一転、絶望のどん底に突き落とされました。手術後に飼い始めた愛犬たちを、我が子の生まれ変わりのように思い込み、赤ちゃん用のいすに座らせてテーブルで一緒に食事をしていた時期もあったそうです。「赤ちゃんがいないのに胸が張って、体は母親の準備万端でした。少し頭がおかしくなっていた」と当時を振り返ります。

「人を育てないまま死ぬのかな」

 その後、体調の回復とともに、宍戸錠事務所のマネジャーの仕事などを再開しながら、保護犬活動にも取り組んできました。いつの間にか4匹にまで増えた愛犬の親としての自信がつくと、「自分にも母としての本能がある。人と犬を同じに考えちゃいけないかもしれないけれど、私は人を育てないまま死ぬのかな」という思いが募り、3年前、里親になる決心をしました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yomiDr編集室よりver03

yomiDr.編集室より
ヨミドクターの編集担当者が、小耳にはさんだ健康や医療の情報をご紹介。お勧めのコラムに込めた思いなどもつづります。

yomiDr.編集室よりの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事