文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

コラム

腸内細菌と大腸がんの気になる関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 私たちの腸の中には約40兆個、重さ約1~1・5キロ・グラムにもなる細菌がすんでおり、「腸内細菌 (そう) 」と呼ばれている。その働きはまだ十分に分かっていないものの、腸内細菌叢の乱れが、様々な病気の発症と関係している可能性が指摘されている。

腸内細菌と大腸がんの気になる関係

腸内細菌と大腸がんの発症について記者会見で説明する研究グループ(国立がん研究センターで)

 腸内細菌と大腸がんの関係について6月、興味深い研究成果が発表された。大阪大学の 谷内田(やちだ) 真一教授(がんゲノム情報学、前国立がん研究センター研究所・ユニット長)=写真右端=らの研究グループによるもので、大腸がんの発症に関係する腸内細菌を特定したという内容だ。米科学誌「ネイチャー・メディシン」に7日、掲載された。研究がさらに進めば、将来的には、便の中に含まれる細菌の種類や量を調べることで、大腸がんを早期発見できる検査法の開発が期待できるという。

患者616人分の便を分析

 研究内容を紹介しよう。対象となったのは、国立がん研究センターで大腸内視鏡検査を受けたがん患者ら616人。食生活などのアンケート調査を行ったうえで、採取した便を凍結し腸内細菌のDNAを丸ごと調べるメタゲノム解析などを行い、患者一人ひとりの腸内細菌の状態を分析。大腸内視鏡検査の診断結果と突き合わせた。その結果、がんの進行度によって、便の中に増減している腸内細菌が大きく異なることが明らかになった。

 細菌の増減は大きく二つのパターンに分かれる。一つは早期の段階から増加して病気の進行とともに増えていくパターン。このパターンの多くの細菌は、進行した大腸がんで増えていることが既に報告されている。 口腔(こうくう) 内の歯周病の原因として知られている菌もそのひとつ。

 今回新たに分かったのは、もう一つのパターンで、ポリープや粘膜内がんなど早期の段階でのみ増える。具体的に2種類の細菌が特定された。研究グループは、これらの細菌が、大腸がんの発症の初期に関係していることが強く示唆されたとしている。

原因なのか? 結果なのか?

腸内細菌と大腸がんの気になる関係

 論文発表に合わせて国立がん研究センターで開かれた記者会見では、腸内細菌の変化は原因なのか結果なのか、という点に質問も相次いだ。特定の腸内細菌が増えたり減ったりしたことが原因でがんを引き起こしたのか、がんを発症した結果として特定の菌が増えたり減ったりしたのかというもの。研究結果はあくまで、その時点での腸内細菌の状態を調べたもので、変化ががんの原因なのか結果なのかまでは分からないという。

 ところで、細菌感染で引き起こされるがんと言えば、胃がんとピロリ菌の関係を思い出す人は多いだろう。胃がんでは、抗生物質でピロリ菌を排除することで、発症を予防しようという除菌治療がすでに確立されている。一方、大腸がんの場合は、多くの種類の腸内細菌が複雑に影響していると考えられることから、胃がんの除菌治療のように単純にはいかないようだ。

腸内環境の改善でがんの発症予防にも

 日本で1年間に大腸がんを発症する人は約15万人。がんの種類の中で最も多い。今回の研究成果が期待されるのは、患者の便から腸内細菌の状態を調べることで、大腸がんの早期発見につなげられることだ。大腸がんは早期に発見できれば治る可能性が高い。

 さらに、まだ大腸がんを発症していなくても、がんになりやすい腸内環境を持つハイリスクの人を見つけ出すことで、がんの発症予防にもつながるという。谷内田教授は「食生活を工夫することによって、がんになりやすい腸内環境を改善し、大腸がんの発症そのものの予防も期待できる」としている。(田村良彦 専門委員)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-prof

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

身体に住み着く細菌という体外臓器

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

日本がん分子標的治療学会に来ています。 腸内細菌とがん、というセッションさえあります。 臓器を限定せずに、様々手法で、がんやがん免疫に迫る診断治...

日本がん分子標的治療学会に来ています。
腸内細菌とがん、というセッションさえあります。

臓器を限定せずに、様々手法で、がんやがん免疫に迫る診断治療が昨今増えています。
これも、画像診断の進歩で、体内の精密な状況がわかるようになったことも大きいでしょう。
また、そして、旧来の医療が行き詰った中で、パラダイムシフトが進んでいるという見方もできます。

腸内細菌叢に関しては昔から言われていましたが、昨今進んできたのもエピジェネティクスや遺伝子の諸問題との関連性が可視化されてきたからではないかと思います。
人間という共生体だけではなく、腸内細菌という共生体が体に与える影響までのリンクを読み解いていく必要があります。
人間が死ぬまでには必ず、どこかの臓器が破壊されるわけですが、それまでのプロセスを読み解けばより良い運用に繋がりますね。
広域抗生剤の乱用によるアキレス腱断裂も知られていますし、皮膚炎の一部が自己免疫性腸炎の徴候であることも知られています。
そして、それには細菌による治療が効く場合があることも。

高度文明化社会では清潔を信仰しすぎるきらいがありますが、何をもって清潔とするのか、また問い直していく必要もあるのかもしれませんね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事