文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

うんこで救える命がある

コラム

スマホゲームで大腸がんの早期発見を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
スマホゲームで大腸がんの早期発見を目指す

 僕はこれまで、消化器外科医として大腸がんをはじめとする多くの消化器の病気の手術をしてきました。しかし、手術した時点では既にがんが進行していて、どうしても助けられない患者さんと接したことも少なくありませんでした。外科医としていくら腕を磨いても、無力な時があるということを痛感しました。

 病気は、日常生活を送る中で静かに進行しています。特に大腸がんは通称「Silent Killer(サイレントキラー)」と呼ばれ、進行するまで症状が出ないといわれています。一方で、皆さんが病気に関する情報を調べようとするのは、自身や身近な人に症状が出た時ではないでしょうか。

 外科医が病院で患者さんとコミュニケーションを取れるのは、病気が見つかって患者さんが入院し、手術を経て退院するまでの非常に短い時間です。

スマホゲームで大腸がんの早期発見を目指す

 僕は、病気が進行する前に患者さん自身が日常の暮らしの中で異変に気付いたり、普段から自分の体に興味を持ってもらったりするには、どうしたらいいのか考えてきました。しかし、症状が出るまでは自分が病気であるという自覚を持てないし、医療の情報は小難しくて手に取りにくいものが多い――という問題意識を持っていました。

拡散されやすいバズワードから発想

 大腸がんの症状が出るのは、どこからかご存じでしょうか。最初に症状が出るのは「うんこ」なのです。大腸がんに限らず、大腸に起こる疾患の多くは「排便」から異常が表れます。「せめて、このことを少しでも多くの人に知ってもらいたい」と僕が考えていた時、「『うんこ』と『おっぱい』はバズワードだ」という言葉を耳にしました。バズワードとは、SNS上で拡散される力が強い言葉のことです。

 そこで思いついたのが、「うんこ」という言葉を利用したコンテンツを作成することで、より多くの人に大腸がんをはじめとする消化器の病気の情報を伝えられるのではないか、ということでした。エンジニアやイラストレーター、声優、ミュージシャンなどの多くの仲間たちと話し合い、生活に身近なスマートフォンで遊べるゲームを作り、エンターテインメントとしての面白さの中に真面目な医療の要素を混ぜることにしました。

 腸内細菌を中心にキャラクター化したソーシャルゲームなので、「うんこ」とキャラクターを「コレクション」するという設定から「うんコレ」と名付けました。大きい特徴は「課金の代わりに、うんこの報告をする」ことです。

 課金とは一般的に、ゲーム内でお金を払って強いキャラクターやアイテムを手に入れることで、強い敵を撃破できるなどスムーズに先に進めるようになります。「うんコレ」の場合は、課金の代わりに、排便の情報を入力することで、キャラクターなどを獲得できるようになっています。毎日の排便報告の中で、快便のためのアドバイスが出てきたり、病気の可能性がある排便状態が確認された場合にはアラートが通知されたりする仕組みになっています。

スマホゲームで大腸がんの早期発見を目指す

 プレーヤーは、トイレの向こう側の世界「ウントピア」を守るために、腸内細菌をモチーフとしたキャラクターを操ることで、「クリーブス」と呼ばれる敵を撃破する設定です。クリーブスの目的が何なのか、ウントピアとは何なのかは、ゲームをプレーしてからのお楽しみです。 

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ishiyousuke_prof

石井洋介(いしい・ようすけ)

 医師、日本うんこ学会会長

 2010年、高知大学卒業。横浜市立市民病院炎症性腸疾患科、厚生労働省医系技官などを歴任。大腸がんなどの知識の普及を目的としたスマホゲーム「うんコレ」を開発。13年には「日本うんこ学会」を設立し、会長に就任。現在は、在宅医療を展開する山手台クリニック院長、秋葉原内科saveクリニック共同代表、ハイズ株式会社SHIP運営代表、一般社団法人高知医療再生機構特任医師。著書に「19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたこと」(PHP研究所)など。

うんこで救える命があるの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

日本がん分子標的治療学会に来ています。 古典的な転移だけでなく、糖鎖シグナルや微小成分による転移やそこからのさらなる分化や耐性の可能性の有無を、...

日本がん分子標的治療学会に来ています。
古典的な転移だけでなく、糖鎖シグナルや微小成分による転移やそこからのさらなる分化や耐性の可能性の有無を、ゲノム解析から推定していけるかもしれないと言うことです。

言い換えれば、今のガイドラインにしたがった、がんの個数やサイズ、転移部位に従った集学的治療と異なる治療戦略も考えられると言うことです。

いずれにせよ、がんや疑い病変をスクリーニングで引っ掛けるところから始まりますし、そのためには興味を持ってもらって、知ってもらうところからですね。
その中で、消化器外科とか消化器内科は中心ではありますが、それ以上に沢山いる他科医やかかりつけ医も効率的に運用するシステムを考えていきたいものです。
もちろん、大腸がんだけががんではないですし、大腸がんには転移もあり、癌だけが人を殺すわけではありませんから。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事