文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

コラム

叱った女性部下が辞め、不眠に陥った32歳男性 自殺した妹の面影が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「最近、よく眠れないんです」

 外来を受診したQ雄さんは、体調を聞かれてそう答えた。IT系の会社に勤務する、32歳の男性。「睡眠障害」の診断で通院治療となった。

 彼の会社はその頃、典型的な「ブラック企業」だった。「長い時間働く」ことが美徳で、残業に次ぐ残業。24時、25時までの勤務は当たり前。男性社員はソファで寝て、女性社員は終電かタクシーで帰宅。それが当然とされていた。

 Q雄さんは、30歳になる頃から体調不良を自覚するようになった。寝ようと思っても、目がさえて寝つけない。夜中に何度も目が覚める。昼間はボーッとした状態が続き、仕事の効率は低下。ミスが増えた。

 「最近、新たなプロジェクトの責任者になりました。若手の育成や、トラブル対応に追われていると、 動悸(どうき) や頭痛、めまいがひどくなる。体調は最悪です」

 と、Q雄さんは語る。

 イラスト:奥山裕美

イラスト:奥山裕美

「寝不足」でも「寝過ぎ」でも寿命は短く

 「睡眠障害」は、「万病のもと」である。「寝不足」でも「寝過ぎ」でも寿命は短くなる。自律神経失調や動脈硬化から、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの病気を起こしやすくなるのだ。6~7時間台の睡眠が、最も長命につながるとされている。

 睡眠障害はうつ病とも関係が深い。長時間労働の末の過労死や過労自殺も、「働き過ぎ」より、そのために起きる「寝不足」の方が危険なのではないか、と言われるほどだ。

 Q雄さんには、まず眠るための「条件」を整えてもらった。毎日、同じ時刻にベッドに入る。体は十分に温める。夕食は早めに取り、遅い時間の飲酒やゲームは避ける。スマホもブルーライトをカットして、寝る前は見ない……。

 その上で、軽い睡眠導入剤を試してみることにした。こうしたケースでは、ベンゾジアゼピン系の薬がよく使われるが、依存性があることを考えて、Q雄さんには、オレキシン受容体 拮抗(きっこう) 剤、メラトニン受容体作動薬などを処方した。

不眠がまた悪化 そのわけは…

 「おかげさまでだいぶ眠れるようになりました」という報告が返ってきたのは、2か月後のことだった。しかし、それから半年後、また睡眠障害が悪化した。

 「最近、薬が効かなくなりました。毎晩、いろいろ考え込んでしまって、全然眠れないんです」

 最近の「働き方改革」のおかげで、会社の方針が変わったという。会社が法的な規制を恐れ、長時間労働を禁止したのだ。もちろん「仕事の持ち帰り」もあり、そんなに楽になったわけではない。それでも、何とか20時までには帰宅できるようになった。

 「夜の時間が増えたら、逆にいろいろ悩むようになりました。先日も大きなミスをした部下を叱ったら、落ち込んで会社に来なくなり、自分でもどうしていいかわからないんです……」

 私は、そんな彼のメンタリティーが気になって、生育歴を聞いた。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)
 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事