文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[作家 室井佑月さん]糖尿病(1)膵臓腫瘍で手術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[作家 室井佑月さん]糖尿病(1)膵臓腫瘍で手術

 2005年夏、みぞおちが差し込むように痛んだ。「胃潰瘍かな?」。受診すると大学病院を紹介された。

 「 膵臓すいぞう に腫瘍がある」と診断され、すぐに入院した。「もし悪い病気だったら……」。じわりと不安が広がった。

 19歳で上京し、銀座のホステス、モデルなど独力で稼いできた。1997年、アルコール依存の女子高生を描いた短編「クレセント」が文学賞に入選し、一気に売れっ子の作家に。テレビのワイドショーでは、政権に遠慮しない発言が支持されていた。

 怖いものはない。いつ死んだっていい。

 でも、当時5歳だった息子の顔がよぎると、胸がチクンとした。離婚後、誰にも追い出されない母子の家が欲しいと、がむしゃらに働いていた時期だった。コラムや小説の締め切りは月に60本を超えていた。

 幸い、ウズラの卵大の腫瘍は良性。ただ、悪性に変化する可能性もあり、手術で取り除くことになった。

 膵臓の3分の2と 脾臓ひぞう を取り出す手術は、8時間にも及んだ。ところが翌朝には、もうベッドでじっと寝ていられない。体はだるいが、点滴台をつえにして喫煙所まで歩いた。「テレビ出演したい」。絶句した担当医を気にせず、迎えの車でテレビ局に向かった。

 退院のとき、医師から告げられた。「膵臓をかなりとったから、将来的に糖尿病になるかもしれません」

  作家  室井佑月(むろいゆづき) さん(49)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事