文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

アトピー治療 漫画で指南…食事や日常の過ごし方紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本東洋医学会員で、三宅漢方医院(福岡市中央区)院長の三宅和久さん(57)が原作を手がけた漫画本「食事と漢方で治すアトピー性皮膚炎」が好評だ。患者の体質に合わせた根本治療を目指す漢方の考えに基づき、ユーモアを交えて食事療法や日常生活の過ごし方などを紹介しており、出版元には読者からの反響も寄せられている。(高梨忍)

福岡の漢方医が原作、好評

アトピー治療 漫画で指南…食事や日常の過ごし方紹介

 三宅さんは福岡市博多区出身。岡山大医学部を卒業後、内科・小児科医として京都府や岡山市での病院勤務を経て、中国・南京中医薬大で学んだ。2008年に開業し、漢方を活用した医療に当たっている。

 漫画への造詣も深く、岡山大ではサークル「漫画 倶楽部くらぶ 」に所属。1985年には少年漫画家の登竜門として知られる「手塚賞」の佳作を受賞した。

 今回の漫画本は、サークルの後輩で「虹色ラーメン」(週刊少年チャンピオン連載)などの作品がある漫画家の馬場民雄さん(51)(東京都在住)が作画を担当。アトピー性皮膚炎に悩む男女6人が患者として登場し、三宅さんをモデルにした医師が、漢方薬の飲み方や治療食の作り方、化粧をする際の注意点、治療効果を高める睡眠の取り方、ステロイド製剤の適切な使い方などを指南する。

 初版2000部を昨年6月に刊行し、うち約1500部が1年近くで売れた。出版元で漢方の専門書を手がける東洋学術出版社(千葉県市川市)によると、初版1000部を2年で販売するのが通常のペースで、読者から「分かりやすい」「実践したら症状が改善された」といった声が寄せられているという。

 年内には第2弾として、生理不順や更年期障害、月経前症候群、不妊といった婦人科疾患に関する漢方の漫画本を出版する構想もある。三宅さんは「患者だけでなく、漢方に関心のある人や医療従事者にも役立ててもらえばうれしい」と話している。

 A5判、136ページ。1800円(税抜き)。全国の書店などで販売している。問い合わせは東洋学術出版社(047・335・6780)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事