文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

コラム

生命(いのち)を救う最終手段 「臓器移植」はなぜ増えない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日本人の死生観からドナーは増えない

 なぜ、日本ではドナーが増えないのでしょうか?

 早急に移植しないと助からないと、渡航移植を希望する子供への募金活動では、お金が集まります。また、有名人が白血病を公表して骨髄移植がメディアで報道されると、骨髄バンクへの登録者が増えます。しかし、いずれも一時的なことにすぎません。自らドナーとなる人間はほとんどいないのです。

 これは、日本人の死生観が諸外国と違うからだと、私は考えています。日本人は、体を切られることを極端に嫌います。死後も体には魂が宿っていると考えるからでしょうか。亡くなられた患者さんの遺族に臓器提供の許可を求めることがあります。すると、「死んでまで、なぜ体を切り刻むのですか」と反対されることが多いのです。2010年の改正臓器移植法により、患者の死後に示された「家族の同意」で臓器提供ができようになりましたが、現実はこのような状況です。

「拒否」の意思表示がないと同意とみなすのは

 臓器提供をするには、本人および家族の同意が必要です。「ドナーカード」で同意の意思を示すか、運転免許証や健康保険証の裏面などにその旨(同意するかしないか)を記すことになっています。しかし、それをしている人は10人に1人です。

 そこで思うのは、意思表示をしていない人の場合は、臓器提供の意思があるとみなすという制度の導入です。これを「オプトアウト方式」といい、スペインはすでに実施しています。また、オランダでは昨年、全成人がドナーとなることを原則とする法案が成立しました。これにより、オランダ国民は事前に拒否の意思を示さない限り、全成人がドナーとして登録されることになりました。

 こうした制度は日本になじむでしょうか。「家族の同意」で臓器提供できるようになってもうすぐ10年ですが、ドナーはほとんど増えていません。人工透析の苦痛から自由になれる臓器移植を広げるには、次の制度に向けた議論を始める時が来ているのではないか、と私は思います。

 みなさんは、どう考えますか?(富家孝 医師)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

透析

ママ

確かに透析は辛くて大変だと、聞いています。でも一部の方ですが大っぴらにお酒を飲んでいる方も居たり、人前でインシュリンを、打つ方をみると病気をバカ...

確かに透析は辛くて大変だと、聞いています。でも一部の方ですが大っぴらにお酒を飲んでいる方も居たり、人前でインシュリンを、打つ方をみると病気をバカにしているしか思えません。
それで自分は大変だ‼️って言っている方を見てしまったので移植に対しての、気持ちが無くなったのも事実です。

つづきを読む

違反報告

透析か臓器移植かの前にある前提条件と未来

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

僕は不可解な印象で、むしろ芸能人によくある「世間を騒がせた罪」的な意味合いで、世論を落ち着かせるために議論が無理やり決着させられた感じがします。...

僕は不可解な印象で、むしろ芸能人によくある「世間を騒がせた罪」的な意味合いで、世論を落ち着かせるために議論が無理やり決着させられた感じがします。
確かに、当事者でもなければ、透析学会幹部でもないので、公式な意見ではありませんが、本当に十分な説明が患者や家族に伝わっていたかは不明です。

モラルがなければ、証言やカルテなどの記録が簡単に作れてしまうことの怖さをいったい何人が理解しているでしょうか?(知っている方が異常なのかもしれませんが。)

ところで、「生命を救うのは臓器移植」という考えに僕は疑問を感じます。
血液透析や腹膜透析の手間や苦しみを思えば、一定数の患者には臓器移植こそが完全なる救いなのでしょうが、透析その他の人工臓器は救いではないのでしょうか?
臓器移植の厳密な運用は文化的な側面だけでなく、人身売買や巧妙な殺人事件の回避の意味合いもあります。

そして、傷ついた腎臓を抱えたまま生きる生命や生活をどう評価するかが隠されています。
言い換えれば、「命を救う」というのは客観的な一つの言葉でくくりきれないものを、ある程度第三者でも了解可能な表現や多面的な意味合いに置き換えて形作っていることに確信犯であるべきではないかと思います。

令和という日本固有の書籍由来の元号が他国を刺激していることや北方領土が日露関係だけの問題でないことに似ています。
(ついでに言えば、太平洋戦争で死んだのはアジアや欧米の民衆だけではなく、沖縄を含む日本の民衆です。)

それに、ひとたび出来上がった制度や文化を急速に破壊することはそれはそれで大きな問題を生む母床です。
フードロスに、様々な廃棄コストなどの無駄、税務処理上の問題や、(たまにパソコンに穴をあけて消しても不問)政治献金などのトラブルを考えれば、透析で生かされる命が無駄か否かというのは、少なくとも保留にしていいのではないかと思います。

命を救うの名のもとに、どれだけの問題や流血が起こったか、歴史を考えればわかるでしょう。
命より正義をふりかざしたかと思えば、正義より命や平和の大切さを説いたり、人間は節操のない生き物ですが、まだましなやり方はあるでしょう。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事