文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

切り昆布の煮物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、副菜として小鉢にぴったりの料理「切り昆布の煮物」のご紹介です。

 うま味成分が豊富に含まれている昆布。乾燥昆布は、だしをとる時の材料として重宝していますが、生の切り昆布は、食材としてもおいしくいただくことができます。

実はこの料理、常備菜としても優秀なんです。実際に何度も作ってみて、保存容器に入れておいて気づきました。一晩、冷蔵庫でおいた方がおいしいんです。昆布が軟らかくトロッと変身するのです。もちろん出来立てもおいしいですよ。ただ、味がまろやかにまとまるような感じです。

 そんな昆布には、水溶性食物繊維の一種である、アルギン酸やフコダインが含まれており、血圧の調整に効果的といわれています。便秘の予防効果も期待できます。

 「このような煮物を食べると、健康になりそうだなぁ」といつも思います。同じく思うのはヒジキの煮物! 海藻類には健康のイメージがありますよね。実際におなかの調子を整えたい時によく食べます。おいしく食べて健康維持、今日もいただきます!

[作り方]

(1) ゴボウは斜めスライス、ジャガイモは拍子木切り、ニンジンはいちょう切りにする。

(2) 鍋かフライパンを熱し、ゴマ油を入れてから中火で2分、鶏肉と野菜をいためる。

(3) 切り昆布(生)と(A)の調味料を入れて、落とし蓋をして、中火で5分~10分煮て完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事