文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

豆腐とエビの中華風いため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、おいしいいため物料理「豆腐とエビの中華風いため」のご紹介です。いため物を作る際、お肉や魚などを入れると、うま味が引き出されておいしくなります。しかし、「今日はちょっと肉を食べる気分じゃない」とか「冷蔵庫にお肉がない!」などという時があると思います。

 そこでおすすめするのが、冷凍のシーフードミックスを使ったエビの中華風いためです。さっぱりとした味を補うポイントは、ずばり「ゴマ油」です。ゴマ油の風味がコクを生み、さっぱりとした味ながらもおいしくいただけるのです。仕上げに水溶き片栗粉を少し入れることで、トロッとした食感も生まれます。

 たくさんの具材の中で、ぜひ入れてほしいのが「シイタケ」です。シイタケは食物繊維が豊富で低エネルギー。食物繊維が腸の働きを整え、糖質の吸収を穏やかにするなどの効果があると言われています。ビタミンDも含まれており、カルシウムの吸収を助ける力があります。他の食材との相性が良いキノコですね。

 おいしいいため物を楽しみましょう。

[作り方]

(1) 豆腐は食べやすい大きさに切り、レンジ(600W)で1分加熱する。カリフラワーとシメジは小房に分ける。ニンジンは厚めのいちょう切り、シイタケは石突きを取り除き、レンコンは厚めにスライス、キャベツは短冊切りにする。

(2) フライパンにゴマ油(分量外)を入れ、シメジとシイタケをいためる。

(3) 豆腐以外の残りの材料と(A)の調味料を入れて、中火でいためる。仕上げにレンジで加熱した豆腐を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事