文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

赤ちゃんポスト 18年度は7人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 親が育てられない子を匿名で託せる慈恵病院(熊本市)の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)について、熊本市は27日、2018年度に7人が預けられたと発表した。前年度と同数で、07年5月の開設からの合計は144人となった。

 市によると、内訳は男児4人、女児3人。生後1か月未満の新生児は5人(うち生後7日未満の早期新生児3人)で、生後1か月から1年未満の乳児が2人だった。健康状態はいずれも良好だったが、医療関係者の立ち会いがない自宅での「孤立出産」で生まれた子が4人いた。

 生みの親らの居住地が判明したのは6人で、地域別では九州(熊本県を除く)1人、中国1人、近畿2人、中部2人。父母などと事後に接触できたのは4人で、預けた理由(複数回答)は「生活困窮」3件、「育児不安・負担感」2件だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事