文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

薬剤師の力(2)自宅訪問 体調の変化確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
薬剤師の力(2)自宅訪問 体調の変化確認

市川珠美さん(右)に男性の体調を尋ねる薬剤師の渡辺さん(千葉県船橋市で)

 5月初旬、自宅で寝たきりの生活を送る千葉県船橋市の男性(51)のもとを、カネマタ薬局船橋北口店(船橋市)の薬剤師、渡辺真純さんが薬を持って訪れた。

 「薬は大丈夫ですか?」。渡辺さんが尋ねると、男性の母親、市川珠美さん(75)は「体調はいい。薬も体に合っているみたい」と、笑顔で答えた。

 この日、男性は穏やかな表情で眠っていた。「(渡辺さんの)声を聞いて安心したのかもしれません」。珠美さんは、ほほえんだ。 男性は20歳代の時、海水浴場で高波にのまれ、首の骨を損傷した。今は人工呼吸器を装着し、おなかには胃ろうをつけている。話すことはできない。

 たんを出しやすくする薬や便秘薬、整腸剤など、10種類以上の薬を胃ろうから体の中に入れている。渡辺さんは、薬をきちんと使えているかどうかを確認。もし必要以上に残っていた場合は、その理由を聞いて主治医に伝え、薬が余らないよう次の処方を減らしてもらう。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事