文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』

介護・シニア

父の湿疹に医師は「年のせい」 治らず別の病院に行くと、「あった! 皮膚に卵が」…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「お父さんの 臀部(でんぶ) や腕に赤いぶつぶつが出てるのよ。すごくかゆいみたいだから、病院に行ったほうがいいと思う」

 通所している看護小規模多機能型居宅介護事業所のケアマネさんから、ある日、電話があった。しょうがないこととはいえ、正直「また病院通いか!」とため息が出た。入院と手術後の混乱の時期をこえ、精神的には落ち着いてきた父だったが、今度は身体的な乱れが生じてきた。定期的な糖尿病と認知症の通院に、突発的な通院が加わる。

「トイレ事件」に続く難事

父の湿疹に医師は「年のせい」  治らず別の病院に行くと、「あった! 皮膚に卵が」…

 その電話の少し前にも、「トイレ事件」があったばかりであった。気が付くと、父が家のトイレを出たり入ったり。出てきて自室に戻ったと思うと、1分もしないうちにまたトイレに駆け込む。「そんなにすぐに行くのなら、落ち着くまで、しばらくトイレにいればいいのに」と言っても、聞き入れない。あわただしく出入りを繰り返し、一日に100回以上トイレに行ったと思う。

 病院に行って聞くと、腸の上の方は便秘で詰まっているのに、下の方が下痢になったのだという。摘便してもらった後は下痢が続き、リフレッシュパンツ(トランクス型の紙オムツ)を導入し、何とか事態が収拾したばかりだったのだ

 通院は、小規模多機能のサービスとして車で送迎をしてくれるので、運転をしない私にはとてもありがたい。小規模多機能の車に私も一緒に乗せてもらい、家から遠くない初めて行く皮膚科に出かけた。午後からの診療に早めに行ったせいか、がら~んとしているのが少々気になる。高齢の男性医師に父の湿疹を見せると、まず皮膚の一部をとり、顕微鏡でさらっと見て、「ダニなど虫はいないね」と言った。次に、血液をとってアレルギー検査をしたが、特に問題は見当たらない。すると医師は、

 「年のせいだね。年齢が高くなるとかゆみが出るの」

 「そんなことあるの?」と正直思ったが、医師は大真面目だ。そして「かゆくなったら、この薬を塗って」と父に言い、チューブのステロイド剤を処方された。薬局に行くと、薬剤師は「このステロイドは上から二つ目に強いものです」と心配そうだ。その塗り薬に加え、かゆみを抑える飲み薬が出た。父は、医師に言われた通り、始終、薬を塗り、かきむしることもなくなった。

強いステロイドを処方され

 通所先でも薬を塗ってもらい、入浴の際には看護師さんが全身を確認してくれていたが、3週間ほど過ぎた頃、「全然、良くなってないんだけど」とケアマネさんが心配し始めた。ちょうど2回目の診察の時期だったので、再び同じ病院に行くと、また、がらがらである。「良くなっていないんです」と伝えると、医師は発疹の状態を見るだけで、「そうそう簡単に治ったら、われわれも苦労しないよ」と返し、飲み薬と、強いステロイドのさらに太いチューブを何本も処方した。

 強い薬だというのに、そんなに出して平気なのだろうか。気になったが、それで様子を見るように言われ、また数週間が過ぎた頃のこと。夜中に水を飲みに階下に降りた父が、ものすごい勢いで体中をぼりぼりかいている。近寄ってみると、首の後ろにも、腕にも、手の甲にも、真っ赤な丸い形の発疹がひどく出ているではないか。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190329_atanaka-prof_200

田中亜紀子(たなか・あきこ)
 1963年神奈川県鎌倉市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒業後、OLを経て、ライター。女性のライフスタイルや、仕事について取材・執筆。女性誌・総合誌などでは、芸能人・文化人のロングインタビューなども手がける。著書に「満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか」(PHP新書)、「39.9歳お気楽シングル終焉記」(WAVE出版)。

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

コミュニケーションの限界とミスの折り込み

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

こういうことは、どこの科の領域でもあります。 腹痛や下痢をきたす疾患など、やまほどあって、循環器領域に属するようなものもあります。 しかし、煩雑...

こういうことは、どこの科の領域でもあります。
腹痛や下痢をきたす疾患など、やまほどあって、循環器領域に属するようなものもあります。
しかし、煩雑ですので、軽い症状やいつもの症状はいつもの軽い薬で様子を見ながらというのが、一次救急の基本的な考え方だと思います。
いつもの薬、いつものやり方が効かないというのが大きな情報だからです。

昔は、検査機器の精度も速度も今ほどではなく、扱える人も多くなかったので、対症療法が中心でした。
このことの影響が強く、地域の雇用や経済も含めて大きな変化を求める部分があり、医療の現場では様々な問題があります。
機械やソフトは簡単にばらまけますが、医師や患者及びその共通の文化やコミュニケーションのあり方を一気に変えることはできません。

そういう部分を織り込んで、患者も医師も動けるように、今後変わっていく必要があります。
自分が最初に放射線科を選んだのも、初期研修で、コミュニケーションや共通言語の難しさに気付いたせいもあります。
下手すると、カタコトの英語で同じ概念を専門家同士で喋る方が楽です。

高齢化社会の中で、認知症も増えざるを得ませんし、画像診断の重要性は増していると言えます。

つづきを読む

違反報告

後に見る医者が名医!

某専門医

疥癬はなかなか診断の付きにくいものです。最初にステロイド外用によって数が増えたために次の医者が見つけやすくなったのかも。 どうか最初に診た医者を...

疥癬はなかなか診断の付きにくいものです。最初にステロイド外用によって数が増えたために次の医者が見つけやすくなったのかも。
どうか最初に診た医者を悪く思わないでください。
私なら内服とともに外用は、スミスリンローションを出します。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事