文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』

医療・健康・介護のコラム

父の湿疹に医師は「年のせい」 治らず別の病院に行くと、「あった! 皮膚に卵が」…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

やっぱり「年のせい」じゃなかった!

id=20190524-027-OYTEI50002,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 「これは絶対ひどくなっている。年のせいとか、そんな理由ではない」

 翌日、小規模多機能の看護師さんと話すと、「ちっとも良くならないどころか、ひどくなっているのが気になっていた」というので、「年のせい」にして強いステロイドを出す医師のところにはもう行かず、翌日、ネットで評判の良い近隣の皮膚科を探し、予約はいっぱいだったが、お願いして当日枠で入れてもらった。

 父はピック病の症状で、待合室では落ち着いて待つことができず、うろうろしたり、外に出ようとしたりする。あまり長時間待てない旨を伝えていたので、ものすごい混雑のなか、途中でうまく入れてくれた。診察室に入ると、きりっとした女医さんが、私の話をていねいに聞き、父の全身の発疹をチェックすると、皮膚をとって顕微鏡で見つめる。「(虫は)いないな」と言いながら、再度、皮膚を採取。再びていねいに見たところ、「あった! 卵があったわ。思った通り 疥癬(かいせん) だ」。

 やっぱり「年のせい」なんかじゃなかった! 症状から疥癬を疑った医師が、証拠を見つけるまで粘ってくれて、発見できたのだ。

 疥癬とは、ヒゼンダニ(疥癬虫:かいせんちゅう)に寄生されることによっておこるアレルギー反応の皮膚病。告げられた時、「先生、それは家が汚いからダニが寄生したんでしょうか?」と思わず聞いてしまった。家の中を全部消毒するとしたら、ジャングルのような父の部屋、その他のほったらかしの部屋もえらいことになる……と青ざめながら。

 しかし、医師は「ううん、たとえどんなに汚くて、普通のダニがいたとしても、このヒゼンダニは関係ない。家が汚くても、きれいでも、関係ないの。それに、今回かかったのは『通常疥癬』で、感染力は弱いし、ヒゼンダニは、もし体からポトッと床に落ちるとすぐに死んじゃうから、そういうことではうつらない」とおっしゃるではないか。ほっ!

 疥癬には「通常疥癬」と「角化型疥癬」がある。通常疥癬は、ある程度長い肉体的接触、たとえば、介護で手を長い間つないだり、介助したりすることから感染するのがほとんど。入院している病院や介護施設で感染することが多いという。潜伏期間は1~2か月で、複数の病院に入院したし、通所もしているので、感染経路はすでにわからない。

 一方の角化型疥癬の場合は、体内にヒゼンダニが100万から200万匹もおり、症状も感染力も強い。短時間の接触や落ちた角質からも感染の可能性があるそうで、こっちだったら、うちの大掃除と消毒など、すごく大変だっただろう。通常疥癬でラッキーだったと思おう。

父娘で飲んだ「ダニを殺す薬」

 その場で私の皮膚も診てくれたが、幸い感染していなかった。まぁ、私が父の手をとることはそうないから大丈夫だとは思っていたが、やはり安心した。ただ、念のためにヒゼンダニを殺す薬を私も飲むことになった。父はその薬をその日に飲み、1週間後、卵がかえったタイミングでもう一度飲んだ。そのほか、かゆみを抑える薬を飲み、「オイラックスクリーム」を体中に塗って、毎日1本使い切ることに。そして、感染を防ぐために、家でも外でも手袋をすることになった。

 ショックだったのは、それまで約2か月塗っていたステロイドは逆効果だったことだ。ヒゼンダニが体内にいるときに使うと、疥癬の症状が悪化するという。まったくもってひどい話だ。せめて前の病院を2度目に受診したとき、もう一度きちんと診てくれていたら、ここまで悪化しなかっただろうに。私も不信に思った時、面倒くさがらず、他の病院にさっさと行けばよかった。ちょっと反省。

 「通常疥癬だって」とケアマネさんに伝えると、向こうもショックを受けていた。なぜなら、通常疥癬は感染力が弱いとはいえ、その小規模多機能の事業所でも「通所禁止」になる病気だったからだ。父は発病から約2か月間通所し、お風呂にも入れてもらっていた。本当に申し訳ない。ただ、幸いなことに、通所している方たちにも職員にも同じ症状は出ていないという。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190329_atanaka-prof_200

田中亜紀子(たなか・あきこ)
 1963年神奈川県鎌倉市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒業後、OLを経て、ライター。女性のライフスタイルや、仕事について取材・執筆。女性誌・総合誌などでは、芸能人・文化人のロングインタビューなども手がける。著書に「満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか」(PHP新書)、「39.9歳お気楽シングル終焉記」(WAVE出版)。2020年5月、新著「お父さんは認知症 父と娘の事件簿」(中公新書ラクレ)を出版。

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』の一覧を見る

4件 のコメント

コメントを書く

後の医師が良い!

のん

こういう医師はとてもいいですね!! 前に何かの(ここは忘れた)症状が出たとき 医師が色々酷すぎてろくなもんじゃなかったです。 でも違う病院へ行っ...

こういう医師はとてもいいですね!!
前に何かの(ここは忘れた)症状が出たとき
医師が色々酷すぎてろくなもんじゃなかったです。
でも違う病院へ行ったところ良い先生に当たり
症状も良くなり…。
こういう先生が増えてほしいですね!
困っている人も助けてもらえますし。

つづきを読む

違反報告

なんか肩の力がフット抜けた⋅⋅⋅⋅

スーさんママ

[83歳になる実家の父。認知症の症状が出ているが病院に行ってくれず、キレる]という検索をしたら田中さんのコラムに当たり、読みふけてしまいました。...

[83歳になる実家の父。認知症の症状が出ているが病院に行ってくれず、キレる]という検索をしたら田中さんのコラムに当たり、読みふけてしまいました。心身共に大変だな~と、思う反面、重たい内容なのに読んでいても思わず笑ってしまう文面に、気持ちがほんとうに楽になりました。父が病院に行ってくれないことで悶々としていたので⋅⋅⋅⋅

つづきを読む

違反報告

コミュニケーションの限界とミスの折り込み

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

こういうことは、どこの科の領域でもあります。 腹痛や下痢をきたす疾患など、やまほどあって、循環器領域に属するようなものもあります。 しかし、煩雑...

こういうことは、どこの科の領域でもあります。
腹痛や下痢をきたす疾患など、やまほどあって、循環器領域に属するようなものもあります。
しかし、煩雑ですので、軽い症状やいつもの症状はいつもの軽い薬で様子を見ながらというのが、一次救急の基本的な考え方だと思います。
いつもの薬、いつものやり方が効かないというのが大きな情報だからです。

昔は、検査機器の精度も速度も今ほどではなく、扱える人も多くなかったので、対症療法が中心でした。
このことの影響が強く、地域の雇用や経済も含めて大きな変化を求める部分があり、医療の現場では様々な問題があります。
機械やソフトは簡単にばらまけますが、医師や患者及びその共通の文化やコミュニケーションのあり方を一気に変えることはできません。

そういう部分を織り込んで、患者も医師も動けるように、今後変わっていく必要があります。
自分が最初に放射線科を選んだのも、初期研修で、コミュニケーションや共通言語の難しさに気付いたせいもあります。
下手すると、カタコトの英語で同じ概念を専門家同士で喋る方が楽です。

高齢化社会の中で、認知症も増えざるを得ませんし、画像診断の重要性は増していると言えます。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事