文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援

コラム

痩せてきたのは年のせいじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日常の暮らしの中でも異常に気付くことが大切

 昌子さん(82)と絹江さん(84)は同じ団地に住む仲良しコンビ。子育て時代から半世紀にわたるお付き合いです。子供も独立して毎日のようにお互いの部屋を行き来して過ごしています。今日は、昌子さんが絹江さんの部屋に立ち寄りました。
 「絹ちゃん、今日、ご主人は?」
 「今日はデイサービス。助かるわ。いないとホッとするわ」
 「最近、ご主人、痩せたんじゃない?」
 「そう? まあ、年だからね。あんなもんじゃない」
 「この間、町会の勉強会に栄養士さんが来て話してたけど、急激に痩せる時こそ栄養取らないといけないんだって」
 「でも、全然動かないし食べないんだもん。そりゃあ、痩せるでしょ。テレビを見るために生きてるような感じだし」
 「そういう時ってケアマネジャーさんに相談すればいいんだって。聞いてみれば?」
 「そんなこと聞いていいのかしら?」

異常に気づいたら、専門職につなごう

 高齢者の食事や栄養の問題を考えるとき、いかに早く異常を見つけるかということが重要です。例えば、「運動をしなくなって食欲もなく、体重が減ってきている」という変化があれば、異常なので何かの処置やアドバイスが必要です。しかし、その状態の方を医療職だけで見つけるのは難しいことです。
 家族や知人、行きつけのお店の店員など地域で暮らす人たちが少し気にかけておくことで変化に気づくかもしれません。そして、問題は気づいた後にどうするかです。「体調悪そうですね。お大事に」では何も変わりません。異常に気づいたら、対応ができる医療職などにつなぐことが大切です。
 地域には医療、介護の専門職がたくさんいますが、地域住民としっかり連携しているかどうかは別の問題です。何か異常に気づいた時、主治医の先生や栄養士の方に相談できればいいのですが、直接連絡できないこともあります。また、誰に相談していいのかわからないかもしれません。このような時、地域で頼りになるのがケアマネジャーやソーシャルワーカーなど相談援助職の方です。

最期まで口から食べられる地域づくり

 地域の中で栄養や食べることの異常を早期に見つける人、それを適切な人につなぐ人、そして実際に対応する人の輪がつながると、「最期まで口から食べられる地域」ができると考えています。しかも、見つける人、つなぐ人、対応する人の誰が欠けてもダメなのです。早期に異常を発見しても次につなぐ人がいなければ結果が出せません。早期に見つけて、つなぐ人に相談できても、その地域に対応する人がいなければ結果が出ません。そもそも、異常を見つける人がいなければ改善しません。専門職、一般住民の枠を超えて地域の中に見つける人、つなぐ人、実際に対応する人がいなければ「最期まで口から食べられる地域」はできないのです。
 さて、冒頭の絹江さん。昌子さんのアドバイスでケアマネジャーさんに相談しました。その話をケアマネジャーが在宅主治医に伝えたところ、主治医からの指示で管理栄養士が絹江さんのご主人の元を訪問しました。その栄養アドバイスの結果、体重が増加傾向に変化しました。昌子さんが見つけ、ケアマネジャー、主治医がつなぎ、管理栄養士が結果を出しました。
 このような地域の輪を作っていきたいと思っています。(五島朋幸 歯科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190205-tgoto-prof200

五島朋幸(ごとう・ともゆき)

歯科医師、ふれあい歯科ごとう代表(東京都新宿区)。日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授。新宿食支援研究会代表。ラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」、「ドクターごとうの食べるlabo~たべらぼ~」パーソナリティーを務める。 著書は、「訪問歯科ドクターごとう1 歯医者が家にやって来る!?」(大隅書店)、「口腔ケア○と×」(中央法規出版)、「愛は自転車に乗って 歯医者とスルメと情熱と」(大隅書店)など

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事