文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

宮本亜門さん 前立腺がんの手術成功を報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
宮本亜門さん 前立腺がんの手術成功を報告

 前立腺がんと診断された演出家の宮本亜門さん(61)が22日、無事に手術を終えたことをツイッターで公表した。

 宮本さんは同日午後2時ごろ、スタッフの代筆でツイッターを更新。手術を終えたばかりであることを明らかにし、「大成功でした!今はまだ麻酔が効いておりますが、 (しゃべ) ることも可能なほどで、非常に良好です」と報告。酸素マスクをつけてベッドに横たわり、親指を立てて見せた写真を添えている。

 宮本さんは、テレビ番組の企画で受けた人間ドックで前立腺に腫瘍が見つかり、検査の結果、前立腺がんと診断された。骨やリンパ節などへの転移は見られず、前立腺の摘出手術を受ける意思を示していた。4月には会見を開き、「落ち込んでいる場合じゃない。今まで以上に充実しているというか、生きている感じがする」と、闘病の意欲を語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事