文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なが~く、楽しくお酒と付き合うために

コラム

一気飲みだけじゃない、急性アルコール中毒の危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 皆さんこんにちは、精神科医の重盛憲司です。前回は、「 ()を知り()を知れば百戦危うからず」という言葉を引用し、アルコール含有量など、敵(お酒)を知ることの重要性を中心に述べました。今回は、お酒という“敵”の最大の特徴である“酔い”について簡単に触れましょう。

 お酒と長く、上手に付き合っていく上で、この“酔い”について理解しておくことは大切です。酔いによるリスクは、二つの大きなものがあります。一つ目は、急性アルコール中毒です。

 急性アルコール中毒というのは、アルコールを含む飲料を摂取して、一時的に意識障害を起こすことをいいます。第三者から見ると、「酔いつぶれている」ように見えます。

 皆さんは、急性アルコール中毒と聞くと、どのような状態をイメージするでしょうか。大学や職場での新人歓迎会で、若者が先輩から一気飲みなどで無理にお酒を飲まされ、救急搬送される姿が思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

 確かに、急性アルコール中毒で救急搬送される患者数は、20歳代の若者が多数を占めます。しかし、女性や高齢者、少量のお酒を飲んだだけでも顔が赤くなる人など、アルコールの分解に時間がかかる人も、急性アルコール中毒のリスクが高いのです。「自分は、若者のように一気飲みやむちゃな飲み方はしないから関係ない」と思っていると危険です。

 急性アルコール中毒によるリスクは、意識レベルの低下、 嘔吐おうと 、呼吸数や血圧の低下などによって引き起こされます。泥酔状態で嘔吐すると、吐しゃ物で窒息する危険があります。さらに血中アルコール濃度が高まり、 昏睡こんすい 状態になるような場合、呼吸や循環の機能を司る中枢神経が抑制されて死亡することもあるのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shigemori_prof

重盛憲司(しげもり・けんじ)

心療内科・精神科医 1952年、長野県生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室を経て、国立療養所久里浜病院(現・国立病院機構久里浜医療センター)にてアルコール依存症などの治療に携わる。また、厚生省(当時)でアルコール関連問題対策を担当。一方、自身では長年にわたり様々なお酒を愛飲。クラフトビールやシングルモルトウイスキーが近年のマイブーム。趣味は学生時代から続けるアイスホッケーと、自宅近くのマリーナからヨットで海に出ること。現在は洗足メンタルクリニック院長。テレビ番組の出演多数。

なが~く、楽しくお酒と付き合うためにの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事