文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

コラム

「老衰」が増えることの意味、医師は自然な死を知らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

原死因と直接死因の違い

 厚労省の死因統計で求められているのは、根本の死因である「原死因」です。死因というと、直接何で亡くなったか(=「直接死因」)ということになりそうですが、医学的にはそうできないのです。直接死因というのは、死に至った直接の疾患名であり、たとえば、「肺炎」だけの記述だと、「それまで元気だった人が肺炎を起こして死亡した」ということになります。

 3年前から脳梗塞で寝たきりになり、 嚥下(えんげ) 障害を何度か起こして最終的に肺炎を併発して死亡したというケースでは、死因が肺炎とはできません。

 この場合は、「脳梗塞後遺症が根本の死因 (原死因)てある」ということを明確にするため、直接死因に「誤嚥性ごえんせい肺炎」と書き、その原死因として「脳梗塞後遺症」と記述します。

 メディアではほとんど「~によって死亡」と、直接死因しか報道しません。有名人の死亡記事でよく「肺炎」とありますが、これは原死因ではないのです。直接死因と原死因をあわせて考えないと、どのように亡くなったか、その実態はわかりません。

 大きな病気をせずに過ごしていた90歳以上の方が亡くなった場合、最近の医師はみな「老衰」と書くようになりました。私の知る限り、みな比較的穏やかな死で、大往生と呼べるケースも珍しくありません。延命治療による苦しみを味わうこともない、理想に近い死と言えます。

 実は、病院に勤める医師は末期がんや脳疾患などで死んでいく人ばかり見ているので、自然に死んでいくことに関しては経験や知識もありません。多くの医師は老衰のような自然死について無知といっていいのです。どうすれば自然な死が迎えられるのか。医師はそこにもっと目を向けていくべきだと感じます。連載では、こうした点についても考えていきたいと思います。(医師・富家孝)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

老衰疾患のChoosing Wisely

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

日本脳神経超音波学会に行きました。 AIの講義が目当てでしたが、認定脳神経超音波検査士という資格の存在も知りました。 頸動脈エコーからの心疾患検...

日本脳神経超音波学会に行きました。
AIの講義が目当てでしたが、認定脳神経超音波検査士という資格の存在も知りました。
頸動脈エコーからの心疾患検索や脳病変評価の話が多かったですが、脳内や脳血管が超音波でここまで評価できることに驚きました。
エコーは弱点もありますが、ハンディさではピカイチです。

懇親会などで神経内科医の先生とお話しすると、高度スクリーニングはまだ考えられていないようです。マンパワーの限界の問題があります。
また、有名施設でも、頸部病変の影に隠れることもある、血栓を誘発する腫瘍などの疾患の検索は人手が足りないという話でした。

要するに、それぞれが自分の科や施設のことはよく知っているものの、隣の事を知らないわけで、潜在的に医療システムを進化させられる可能性はあります。

最近は全身の臓器連環や血管連環の重要性も言われていますが、画像診断における存在診断と質的診断の分離と、遠隔診断やAIサポートによるワークフローの有機的結合がすすめば、局所スクリーニングから関連疾患チェックへの道筋ができます。

がん、心疾患、脳血管疾患なんて、要するにどこに先にガタが来たかで、診断技術の進歩による老衰の分類と対応策の有無に過ぎません。
昔は症状として顕在化するまでわからなかったものが、今は見えるようになってきました。
老人の誤嚥性肺炎の原因の嚥下力低下の大半は老衰による筋力低下や脳機能低下の産物です。

全体像の中での自分の仕事に集中できる医療人が増えれば、ミスも減り、休みも増えて、他の人の人生の中での疾患や老い、病院の意味についても考える余裕ができるのかもしれないですね。
医療の進歩と保険診療の中で、何が自然死なのかはわかりませんが、他人の幸福な最期を考えられる視座を持てる医療人が増えた方がよいようには思います。

どうせ、カネがないと企業も政治家も動きませんが、まだましな医療サービスがいきわたるように、多くの市民も学んで声を上げる必要はあると思います。

かかりつけ医制度がこういった技術者制度と結びつけば、スクリーニング機能向上により地域での夜間救急の過重労働による医療崩壊を軽減できるのではないかと思います。
またもや地域病院の救急医撤退のニュースもありましたが、思いやりとは相互理解に基づいたものではないかと思います。

つづきを読む

違反報告

機械の進歩が変える医師、病気、死の在り方

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

IVR学会に来ています。 画像機器もカテーテルもますます進歩を遂げており、演題やブースを見ていると10年以内にはセミオートの血管内治療も実戦投入...

IVR学会に来ています。
画像機器もカテーテルもますます進歩を遂げており、演題やブースを見ていると10年以内にはセミオートの血管内治療も実戦投入されそうな予感がします。
医療の標準化、AIやITの進歩は専門家や専門家のチームの進化も含めて医師(あるいは医療スタッフ全体)の意味やキャリアを爆発的に変えつつあります。
効率的な処理をするベテランが増えるのか、中級までの診断治療が新人に移管されるのかわかりませんが、個が変われば全体も変わるわけで、大学病院や基幹病院の意味やあり方も変わるでしょう。

コストや政治の壁はありますが、全体の治療方針を保ったまま、ターミナルまでシームレスな医療もあり得ます。
科学的なサポートが機械により得られれば、医師の方も人間的な理解の勉強に時間を使うこともできます。
病院べったりの医師にはわからなかった普通の感覚も、いずれ過重労働の科の医師にも求められるのかもしれないですね。

データしか見てないとわかりませんが、極論を言えばバカでも下手くそでも、自分の信じた医師や文化に殉じたい一般人は一定数居ます。
高齢化社会では特にそうですが、人間や社会との相性の問題です。

その辺は世代交代と認識の変化待ちの部分もあります。
一方で、ビジョン共有により、かかりつけ医が大学や基幹病院を間借りする日も来るかもしれません。
その中で、避けられない老衰の意味も変わるでしょう。
そういえば、検査の進歩により不明熱も大幅に減りましたね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事