文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

コラム

継父に襲われかけた日、母に「産むんじゃなかった」と言われ家を出た…38歳女性に届いた「母危篤」の知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「母のお見舞いに行く決心が、どうしてもつかないんです」

 O代さんは、険しい表情でそう切り出した。

 彼女は38歳の女性。うつ病と不安障害の病名で心療内科の外来に通い、もう10年になる。

 最初は「児童虐待」の相談からだった。3歳になる娘の育児でイライラがつのり、カッとなって、ひっぱたいたり突き飛ばしたりしてしまう。「ごめんなさい! ごめんなさい!」と泣き叫ぶ娘に、ますます怒りがこみ上げてきて、暴力が止まらなくなる。はっとわれに返ると、娘があざだらけで倒れていて、あわてて「ごめんね!」と抱きしめる。そんなことが、よくあった。

継父に襲われかけた日、母に「産むんじゃなかった」と言われ家を出た…38歳女性に届いた「母危篤」の知らせ

イラスト:名執亜紀

出会った男は暴力、借金、女遊び…

 「私はダメな母親なんです。その上、男運もない。ホント、サイテーな人生ですよね」

 彼女は19歳で結婚したが、夫の暴力で離婚。その間は、内出血や骨折で病院通いの日々だった。22歳で 同棲(どうせい) した男は、借金まみれ。O代さんに夜のバイトをさせて遊び回っていた。

 それに比べ、24歳で知り合った彼はとても優しかったが、その分、遊びは派手だった。彼との間に娘が生まれ、「これで結婚してくれるだろう」と期待したのに、「勝手に妊娠した」と責め、彼女のもとを去った。

 初めて心療内科を受診した頃は、育児ノイローゼがひどく、抑うつ感や、強い不安、やけ食い、自責の念……。精神的にボロボロだった。うつ病と不安障害、睡眠障害の治療を続けながら、カウンセリングを受けてもらい、彼女の生い立ちを聞いた。

母の留守中に継父が

 O代さんが語ったのは、母親への強い憎しみだった。

 「母は本当にひどい人でした」と彼女は語った。両親はいわゆる「できちゃった婚」。母親は、彼女を愛することができなかったようだ。

 「母からは叱られた記憶しかありません。『うるさい』『すぐ泣く』『ネクラ』『ブス』『性格が悪い』……って、毎日難癖をつけては、私を叱るんです」

 結局、両親は離婚し、その後は母の男遍歴が続いた。正式に再婚したのは、彼女が16歳のときだった。

 「私に色目を使うような男。体に触ってきたり、お風呂をのぞいたりして、とてもイヤでした」

 母親の留守中に、継父は、彼女の部屋に入ってきた。押し倒し、強い力で強引に関係を迫った。

 「驚いて声も出なかった。恐怖でパニックでした。たまたま手に当たった鉛筆削りで顔を殴って逃げました」

 母親の帰りを待って、家に戻った。事情を話し、「何とかしてくれ」と懇願した。

 「でも、母は全くわかってくれませんでした。『うちの人に色目を使ってすり寄るなんて、メス豚もいいとこだね。冗談じゃないよ!』。そして言ったんです。『あんたなんか、産むんじゃなかった!』って」

 それは小さい頃から、O代さんがよく言われた言葉だった。しかし、このときはひどくこたえた。

 「ああ、私はこの人の人生を不幸にしてきたんだ……一緒に暮らすのはもうムリだって思いました」

 彼女はそのまま家を出て、遠くにいる叔母の家に転がり込んだ。

 「叔母の家で過ごした数年間が一番楽しかった。私の人生、その前も後も、悲惨ですよね」

 と、O代さんはつぶやいた。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)
 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

13件 のコメント

コメントを書く

頑張った。けど一生頑張れ

ナナシ

死にゆく人に優しくできた。 その事で、母じゃなくてこの人自身が今後楽になれるのなら、正解。良かった。 もちろん一生会わなくても許さなくても罵って...

死にゆく人に優しくできた。
その事で、母じゃなくてこの人自身が今後楽になれるのなら、正解。良かった。
もちろん一生会わなくても許さなくても罵ってもOK。
けど、虐待メスでも、僅かに母親らしい思い出もあると、子としては苦しむからね。

ただ、今度は虐待する側に回ってしまってる…。
本人の自覚だけでは治らない、薬物中毒みたいに一生戦うべき葛藤だろう。

つづきを読む

違反報告

あーあ

みい

母親でいることより女でいることを選んだ女。 私だったら一生許しません。

母親でいることより女でいることを選んだ女。
私だったら一生許しません。

違反報告

ありがとう

みこりん

危篤でも耳は最期まで聞こえると言われています。きっとお母さんに届いてると思います。

危篤でも耳は最期まで聞こえると言われています。きっとお母さんに届いてると思います。

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事