文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

「しばらない」病院(4)みんなの「居場所」大切に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「しばらない」病院(4)みんなの「居場所」大切に

毎月恒例の「まきび集会」で話すヨウさん(右)と、進行役の額田さん(奥)=金沢修撮影

 まきび病院(岡山県倉敷市)に通院するヨウさん(48)は、いつも考えている。みんなの「居場所」であるこの病院のよさを守りたい――と。

 金属の工場で働く技術者だった。29歳で、激しい双極性障害(そううつ病)を発症した。うつに襲われると、1日に10万円負けてもパチンコ店に入り浸る。そうの時は、その瞬間のひらめきが「正義」になる。

 パチンコ店の駐車場で喫煙する少年を叱り、吸い殻を拾った。店にも注意しようと、午前3時、瓶を投げつけてドアを割った。「人の心は壊したら治りにくい。モノなら壊しちゃれ」と思った記憶があるが、体は勝手に動いていた。

 2010年、39歳でまきび病院と出会った。人のあたたかさにふれた。心が暴走しないよう、1年の半分は入院する。残りの半分は通院し、週4回、精神科デイケアで過ごす。メンバーやスタッフと野菜をつくり、グラウンドゴルフをし、たわいないことを話す。

 まきび病院では、通院患者に精神面の支えを得てもらう居場所として、デイケアに力を入れている。ヨウさんは、何も強いられず、「ただ、いる」ことが無条件に肯定されるこのデイケアをありがたいと思う。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事