文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

コラム

ネットオークションにはまり自己破産した32歳女性 借金打ち明けたら夫がやさしくなったワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「先生、今すぐ『買い物依存』を治したいんですっ!」

 心療内科の外来を訪れたN美さんは、必死の形相で訴えた。N美さんは32歳の女性。共働きの夫と二人で暮らしている。

イラスト:名執亜紀

初任給で買い物 「ワクワク」「ドキドキ」

 もともと彼女は、買い物が大好きだったという。小さい頃に買ってもらった、かわいい人形が大好きで、人形用の洋服や家のセットを次々にねだっては買ってもらった。一人っ子だったこともあり、「これ買って!」と言えば、たいていのものは買ってもらえたのだ。好きな物を手に入れる喜びを、彼女は満喫して育った。

 しかし、高校生の時、父親の事業が破綻。一家は、小さなアパートに引っ越した。N美さんも、思い出の品をたくさん手放さなければならなかった。「いつか、また買ってあげるからね」と話しかけながら、大好きだった人形に別れを告げた時は、自分の一部がもぎ取られるようで、涙が止まらなかった。

 彼女が、また好きなものを買えるようになったのは、大学を出て、IT系の会社に勤め始めてからだ。初めての給料で思い出の人形を買った。「また会えたね」と語りかけた時は、思わず涙が浮かんだ。

 最初はあまり無理もできず、100均やスーパーなど、比較的安いお店でショッピングを楽しんだ。それでも、生活にワクワク、ドキドキが戻ってきた。

競り落としたときの深い満足感

 28歳で会社勤めの夫と結婚してからは、共働きを続けた。家計は楽ではなかったが、多忙な仕事のストレスを発散できるのは、ショッピングだった。N美さんの買い物癖は、どんどんエスカレートしていった。

 さらに、N美さんがはまったのは、ネットショッピングとオークション。とくにオークションは、好きな物が安く手に入る上、競り落とすときのスリルがたまらない。ねらった商品を、競合する買い手とギリギリまで争い、競り落としたときの深い満足感は、何ものにも換えられなかった。

 買った後で、自分に必要ない物だったとわかって後悔することも多かった。それでも、一度、気に入った商品を、他人に競り落とされるのは我慢できなかった。そんな悪循環に、すっかりはまってしまったのだ。

自分の給料では足りなくなり…

 この頃になると、さすがに自分の給料では間に合わなくなってきた。しかし、夫はお金に厳しい人で、お小遣いを欲しいとは言い出しにくかった。クレジットカードでの買い物も限界に達し、ローンに手を出した。どうしても欲しいバッグがあり、競り落とすためにサラ金で借りたのだ。借金はどんどんふくらみ、400万円を超えた。さすがに「これはまずい」と思った。

 「友だちに相談したら、それは『買い物依存って病気だよ!』と言われたんです。このままでは、私はダメになってしまいます。何とか治してほしいんです」

 N美さんの訴えは、切実だった。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)
 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事