文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

コラム

連休はどこも子ども連れだらけ 落ち込んでしまった妊活中のあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

従妹の赤ちゃんを見る夫や父母の優しい顔 「私たちの赤ちゃんを抱かせてあげたいな」と涙が出そうに

id=20190510-027-OYTEI50010,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 長年続けてきた仕事を辞めるのは苦渋の決断だったものの、これから新しい治療で、赤ちゃんを授かる可能性が高くなると思うと、仕事を辞めたつらさよりも、希望の方が勝っていたというYさん。しかし、この連休でその気持ちが一遍に落ち込んでしまったそうなのです。

 「実家に戻って祖父の家に遊びに行ったら、従妹も、お正月に出産したばかりの赤ちゃんを連れて帰省してきていて……。大好きな従妹だったから、その赤ちゃんももちろんかわいくて抱っこしたりしたんですけど……」

 ここまで語るとYさんは涙声になり、「赤ちゃんを見る夫や、父母の顔を見ると、今までに見たことがないぐらい優しくて (うれ) しそうな顔で、みんなが赤ちゃんを見たり、あやしたりしていて……。それを見ていると、早く本物の、本物のっていうか、うちの、私たちの赤ちゃんを抱かせてあげたいなって思うと、涙が出そうになってしまって……」。こらえるので精いっぱいだった、と大粒の涙をポロポロこぼされました。

 実家に戻ってから、夫はもちろん、ご両親も、Yさんに対して一言も、赤ちゃんの話はしなかったそうで、そんな気遣いもさらにつらくなってしまったといいます。その気持ちも、とってもよくわかります。

 「よく我慢されましたね。旦那様にはそのお気持ちを話されなかったんですか?」と言うと、「話すと夫も落ち込ませてしまいそうでできなかった」とYさん。「言えばいいのにー!」と私は思わず言ってしまいました。落ち込ませたくない気持ちはわかりますが、妊活も不妊も二人の問題ですから、つらい時には一緒に悩み、喜びだけでなく悲しみも分かち合えばいいと思うのです。きっと旦那様にとっても、奥様一人だけにつらい思いをさせるのは不本意なのではないかと思いますし。

一人で悩みを抱えず 「話せる人」を見つける

 それでもやはり、夫とはいえ男性には話しづらい、あるいは女性同士で分かち合いたいという方は、ぜひ「話せる人」を見つけてもらいたいなと思います。例えば、同じ病院に通っている人を見つける、不妊治療のコミュニティーに参加してみる、など。もしリアルはハードルが高いようならSNSでもいいでしょう。不妊の悩みは一人で抱えてしまうとつらさが増してしまうもの。ぜひ、悩みを話せる人を見つけてみてください。

専門のカウンセラーを利用する手も

 もし見つけられないという場合は、専門のカウンセラーを利用してみてください。不妊の心理に関するカウンセラーは、少しずつですが増えてきています。わかってくれる人が一人でもいるだけで、心はずいぶん軽くなると思いますので。

 私が理事長を務めるNPO法人Fineにも専門のカウンセラーがいます。Fineのピア・カウンセラーは、同じように不妊を体験した仲間です。「自分の不妊体験を誰かの役に立てたい」という思いで、ピア・カウンセラー養成講座で心理の勉強をして、試験に合格した心強い先輩たちですので、どうぞ安心して話にいらしてください。 月に2回の電話カウンセリングは、全国どこからでも無料で利用できます(通話料はかかります)

 妊活中で悩んでいる皆さん、5月は気持ちが落ち込みやすい時期でもあります。我慢せず、早めに自分の気持ちに気づいてあげることはとても大切です。そして、ちゃんとケアしてあげてくださいね。あなたは決してひとりぼっちじゃありません。(松本亜樹子 NPO法人Fine=ファイン=理事長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチ連盟認定プロフェッショナルサーティファイドコーチ

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事