文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

五十嵐康彦の「足裏もみで美しくなる!」

コラム

基本4ゾーンをもんでおしっこを出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 皆さん、こんにちは。指圧・マッサージ師の五十嵐康彦です。私は、ヨーロッパやアジア諸国で様々な健康法、東洋医学を学びました。そして反射帯治療(ゾーン・セラピー)に出会い、帰国して40年近く、実践してきました。以前はテレビにも出演して、大勢のタレントさんの足裏をもんできました。こうした長年の経験を、多くの皆さんに、分かりやすく伝えていきたいと考えています。

足裏は全身の縮図…体の各部分と密接に関連

 これから、足裏の反射帯治療「ゾーン・セラピー」をご紹介していきます。東洋医学では、足裏は全身の縮図だと言われています。体のすべての部分は、足裏のどこかに対応する「反射帯」(ゾーン)があるという考え方です。足裏のゾーンは、全身の各部分と密接に関連しています。下の図をご覧ください。

基本4ゾーンをもんでおしっこを出す

 例えば、お酒を飲み過ぎたときには、腎臓のゾーンが張った感じになり、硬くなることがあります。症状が重いときには、そのゾーンを指で押すだけで、「ヒエーッ」と跳び上がるほど痛みが走ることもあります。ところが、そのゾーンを丁寧にもみほぐしていくと、痛みや違和感が和らいでいき、体の不快な症状も次第に改善していくのです。これが「ゾーン・セラピー」です。このコラムでは、もみほぐすゾーンを毎回、症状別に紹介していきます。

 足裏をもむことで、自然治癒力が高まっていきます。「調子が良くないけど、病院に行くほどではない……」「薬だけに頼りたくない」というとき、足裏もみを実践してください。そしてこの習慣を生活の中にぜひ取り入れてください。

 なぜ、足裏をもむと体の不調が治るのでしょうか。はっきりした答えは今なお得られていません。科学的に明確な根拠はありませんが、人々の長年の経験から有効といわれています。私は、体の中に網の目のようにある神経やリンパ腺の関係で、足裏への刺激が体の各部に伝わるのではないか、と考えています。

 とくに不調を感じていなくても、ゾーンを押すと痛いことがあります。これは、過去の病気が完全に治っていない、または、これから発症する病気がひそんでいる可能性があります。

デトックスは「基本の4ゾーン」から

 第1回は「基本の4ゾーン」を紹介します。「副腎」「腎臓」「尿管」「膀胱ぼうこう」の4つのゾーンです。これらのゾーンは「おしっこの通り道」です。体にたまった老廃物を、尿で排泄はいせつするのです。こうすることで体全体の新陳代謝が活発になり、他の様々な症状に対する「ゾーン・セラピー」の効果も高くなるので、「基本」と呼んでいます。

 いわば、解毒、デトックスです。よく「汗を流してデトックス」と言いますが、汗によるデトックス効果はわずかで、いちばん老廃物を体の外に出しているのが尿なのです。尿の通り道を掃除するような気持ちでもんでください。

 「副腎」は腎臓の上にある、ピーナツのような形をした小さい臓器で、生きていくうえで大切な様々なホルモンを出しています。「腎臓」は血液を濾過ろかして汚れや不要なものを取り除く役割を果たしています。腎臓で作り出された尿を膀胱へ運ぶのが「尿管」で、おしっこをためて排尿を促すのが「膀胱」です。

 順番にもみほぐし方を説明します。足裏もみは右足から行っていきます。モデルの佐藤由季さんが実演している動画も併せてご覧ください。

副腎、腎臓ゾーン 人差し指の第二関節の角で、もみほぐします。
尿管ゾーン 人差し指の第二関節の角で、上から下へこすります。
膀胱ゾーン 両手の親指の腹で、もみほぐします。

 これを左足も同じようにやってください。

濃い尿やだるさ…「効果あり」のサイン

 足裏もみを続けていると、「濃い色やにおいのある尿が出る」「体がだるくなる」「微熱が出る」「顔がむくむ」などの反応が一時的に出ることがあります。これは瞑眩めんげんと呼ばれる好転反応です。昔から中国医学、インド医学などでは「瞑眩なくして効果なし」と言われます。効果が出ているしるしですので、良いことだと思ってください。

祖母から学んだ「昔からの知恵」、やがてマッサージが天職に

 私は昭和16年(1941年)に横浜市で生まれました。戦争中は、防空ごうに逃げ込もうとしたところに、米軍機の銃弾が「ダダダッ」と体のすぐ近くをかすり抜けていく恐ろしい体験もしました。戦火が激しくなると、母の故郷、現在の栃木県佐野市へ疎開しました。

 当時、体が弱かった私はよく扁桃へんとうを腫らしていました。そんなとき、祖母が、土手に咲いていたヒガンバナを取ってきて、その球根(鱗茎りんけい)と小麦粉を水で練り、足の裏に湿布してくれました。すると、尿がよく出て、腫れが引いていったのです。こうした昔からの病気やけがを治す知恵を祖母からたくさん教わったことで、東洋医学にだんだん興味を持つようになりました。

 戦後の昭和23年、全国で日本脳炎が大流行したことがあり、私の妹も日本脳炎にかかりました。妹は体が不自由になりましたが、命は助かりました。すると、妹は病院に呼び出され、寒い部屋で裸にされ、大勢の医者から代わるがわる診察されたのです。その様子を見ながら「西洋医学は、人間味がないな」と涙ながらに感じました。こうした経験が私に東洋医学の道を選ばせたのです。今、こうやって多くの人に足裏もみの素晴らしさを伝授できることを考えると、これが天職だったのかなとも感じます。

 これから、私の体験談や、足の健康に関する話題も取り上げながら、コラムを続けていきます。どうぞお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

igarashi_ashimomi

五十嵐康彦の「足裏もみで美しくなる!」

五十嵐康彦(いがらし・やすひこ)

指圧・マッサージ師。1941年神奈川県生まれ。本格的なヨガの指導を受けた後、ヨーロッパ、アジア各国で修行。反射帯治療(ゾーン・セラピー)と出会う。帰国後、反射帯刺激健康法を確立、実践し、テレビや雑誌等で幅広く活躍。著書に「決定版 足もみで超健康になる!」(河出書房新社)、「足うらゾーンマッサージ」(主婦の友生活シリーズ)など多数。


satouyuki

【モデル】佐藤由季(さとう・ゆき)

1988年千葉県生まれ。フリーアナウンサー。学習院女子大学卒、2014年ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会「準グランプリ」受賞。健康やスポーツへの関心も高く、日テレ学院などでのウォーキング講師も務める。現在、BS日テレ『コーポレートファイル』ナビゲーター、日テレジータス『ジャイアンツプレ&ポストゲームショー』、千葉テレビ『ウィークリー千葉県』、bayfm『プレシャスレポート』等でリポーターとしてレギュラー出演中。

五十嵐康彦の「足裏もみで美しくなる!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事