文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

ヨウ素剤の配布、40歳未満対象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 原子力規制委員会は8日、原子力発電所で事故が発生した際に甲状腺の 被曝ひばく を防ぐ「安定ヨウ素剤」の事前配布について、対象を原則40歳未満とする方針を決めた。これまでは全年齢を対象にしていた。40歳以上でも、妊娠中または授乳中の女性や、希望者には配布する。

 また、現在は自治体の説明会に参加してヨウ素剤を受け取るが、地域の薬局でも受け取れるようにする。一般からの意見募集を経て、6月をめどに手引書などを改定する。

 ヨウ素剤は、放射線に被曝する前に服用すると、甲状腺がんの発症リスクを抑える効果があるとされる。原発の半径5キロ・メートル圏内の住民が、事前配布の対象になっている。ただ、世界保健機関(WHO)の指針では、40歳以上の人のヨウ素剤の服用効果は「ほとんど期待できない」とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事