文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

何度も繰り返す胆石症…野菜、果物とって予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
何度も繰り返す胆石症…野菜、果物とって予防

 人間ドックなどで見つかることもある胆石症。自覚症状がない場合は経過観察で済むが、腹痛などの症状が続くと命に関わる恐れも出てくるため、手術などの治療が必要になることもある。(諏訪智史)

半数は無症状

 胆石は、肝臓で作られる 胆汁たんじゅう という消化液に含まれる成分が固まったものだ。日本人の20人に1人は胆石があるとされる。

 胆汁には、食事に含まれる脂肪を消化・吸収する働きがある。「胆のう」という袋にいったんためられた後、胆管を通って十二指腸へと運ばれていく。

 胆石は、胆のうにも胆管にもできるが、胆のうが全体の4分の3を占める。できる場所で「胆のう結石」「胆管結石」という病名が付く。

 胆石を持つ人の約半数は自覚症状がない。ただ、胆のうや胆管に石が詰まるなどすると、おなかや背中に強い痛みが数十分から数時間続いたり、発熱や吐き気などの症状が出たりすることがある。重症化するとショック状態になり、命にかかわる恐れもある。

 胆石の種類は主に「コレステロール胆石」と「色素胆石」の二つある。

 コレステロール胆石は、胆汁のコレステロールが結晶化して作られる。脂質の多い食事や肥満が原因だ。女性の場合、閉経後は女性ホルモンの低下でコレステロールを排せつする作用が弱まり、胆石ができやすくなると考えられている。

 色素胆石は、腸内細菌などが胆のうに入り込むことで作られる。40歳未満ではコレステロール胆石が患者の9割を占めるが、高齢になるにつれて色素胆石の割合が増える。

  放置でがんリスク

 胆石は、超音波検査などで簡単に見つけることができる。胆のうに石ができた場合、胆のうごと摘出する手術が治療の第一選択になる。石だけ取っても再発する可能性が高いためだ。

 この手術は国内で年間約10万人が受けている。胆のうが失われても、胆管が代わりの機能を果たすため、日常生活に影響は出ない。

 最近では、体に1センチ程度の穴を4か所開けて、そこから小さなカメラや 鉗子かんし などの器具を入れ、胆のうを取り除く 腹腔ふくくう 鏡手術が一般的だ。体の負担が少ない手術だが、傷口が気になる人のため、穴の数を1か所だけにして手術をする医療機関もある。入院期間は1週間程度だ。

 胆管に石がある場合は、胆管に細いチューブを入れて、石を取り出す治療も行われる。胆石ができたまま放っておくと、胆のうにがんができるリスクは、胆石がない人の35倍という報告もある。

 予防法は、肉の脂身やバターなど、コレステロール胆石の原因となる脂質を取りすぎないようにすることだ。食物繊維やビタミンCが豊富な野菜や果物は、コレステロールの蓄積を防ぐ効果があるとされ、日頃から積極的に食べるよう心がけたい。

 神戸大国際がん医療・研究センター長の味木徹夫さんは「胆石症は一度症状が出ると、何度も繰り返すのが特徴。大きい石が多い人は、がんの発症にも注意が必要だ。胆石の有無を調べる際にがんが見つかることもあり、症状が出た場合は早めに受診してほしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事