文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

ニュース・解説

五月病を防ぐには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

自分の時間をとる

五月病を防ぐには?
id=20190507-027-OYTEI50007,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

  新社会人や新入生が、春の連休明けに調子を崩すってよく聞くね。

 ヨミドック 五月病ですね。新しい環境に適応しようと頑張ってきて、連休明け頃から心身が不調になる状態です。正式な病名ではなく、多くは適応障害やうつの前段階などとみられます。本人の、「頑張っているのに報われない」「思っていたのと違う」といった思いが背景にあるようです。

  真面目な人がなりやすいの?

  そうとも限りませんが、周囲の人に合わせようと気を使い過ぎたり、つい頑張り過ぎたりしてしまうことがあるようです。

  どんな症状?

  疲労感や気力の低下、食欲不振、不眠などです。職場であいさつをしなくなった、報告や連絡、相談がなくなった――などの変化も要注意のサインかもしれません。

  10連休で休みが長くなったけど……。

  ゆっくり考える時間が持てることや、疲れている人は体を休められるという点では良いかもしれません。でも、かえって生活や睡眠のリズムが崩れてしまい、元の生活に戻るのが難しくなる人もいるかもしれません。

  どんなことに気を付ければいい?

  自分だけの時間を持つこと、ほどほどに頑張ること、理想を高くし過ぎないこと、悩みを一人で抱え込まないこと。さわやかな新緑の季節です。日の光を浴びて外を歩くことで、夜には、十分な睡眠がとれるリズムが生まれますよ。

id=20190507-027-OYTEI50008,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

  五月病になったかな、と思ったら?

  心には元に戻る力があります。自分の力で元に戻ることができる人も多いでしょう。気分転換をしたり、生活習慣を見直したりすることは大切です。ただ、自分の力で元に戻れない場合、早めに受診するなどしましょう。

  相談相手がほしくなったら?

  SNSによる相談「こころのほっとチャット」(https://www.npo-tms.or.jp/service/sns.html)などもありますよ。

 (田村良彦/取材協力=小山文彦・東邦大学産業精神保健・職場復帰支援センター長・教授、大森 美湖みこ ・東京学芸大学保健管理センター准教授)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事