文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

コラム

「消毒しない」「乾かさない」…すり傷、切り傷の正しい治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京2020オリンピック・パラリンピックの開幕まで500日を切りました。2017年から執筆させていただいている本コラムが、「東京2020参画プログラム」に認証されました

 東京2020参画プログラムは、東京2020大会を一過性のイベントとするのではなく、社会が変わったと言われるような大会にすることを目指し、レガシーを創出しようとする取り組みを認証しています。私は、スポーツ医学の知識を多くの人にわかりやすく伝え、ケガの予防、ケガからの競技復帰に生かしてもらうために本コラムを執筆しています。「スポーツ医学の知識の普及」を、東京2020大会の一つのレガシーにできるよう、コラム執筆だけでなくスポーツ医学検定の普及にも取り組んでいきたいと思います。今回のテーマは傷の処置についてです。

 中学生の女子サッカー選手のケースです。

 中学2年生のSさんは、週に2回、学校のグラウンドでサッカーの練習をしています。ドリブルで攻めている時にスライディングタックルを受け、膝を地面にぶつけました。膝には擦り傷ができ、若干出血しています。

まず傷を洗い、止血する

 

 まず、傷から細菌が入って感染が生じないよう、よく洗いましょう。出血があれば、ガーゼなどで圧迫します。多くの場合、5分ほどの圧迫で出血は止まります。それでも止まらない場合や、噴き出るような出血の場合は、圧迫したまま医療機関を受診すべきです。プレーを継続できる程度の傷であれば、他人に血液が付かないよう、傷口に当てたガーゼをテーピングや包帯でしっかり巻き、プレーに戻りましょう。

大抵の擦り傷は、放っておいても治りますが、思わぬ感染を起こさないため、また、できるだけきれいに傷が治るよう、適切な傷の処置を知っておく必要があります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

Ozeki-7-pro

大関信武(おおぜき のぶたけ)

整形外科医・博士(医学)
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。
2002年滋賀医科大学を卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。横浜市立大学付属病院、横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学研究員などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。現在、東京医科歯科大学付属病院スポーツ医学診療センター、八王子スポーツ整形外科などで診療。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。野球、空手、ラグビーなどを通じて、アキレス腱断裂、野球肘、肩関節脱臼、足関節靱帯損傷、骨折(鼻骨、手首、下腿)など自身が豊富なケガの経験を持つ。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

医療とスポーツの過渡期と行為の意味の変化

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

東京2020参画プログラムおめでとうございます。 色々揉め事はありますが、社会におけるスポーツの意味を確認し、時代に合わせて変化させていくことも...

東京2020参画プログラムおめでとうございます。
色々揉め事はありますが、社会におけるスポーツの意味を確認し、時代に合わせて変化させていくことも大事な事です。
それにより失われるものもありますが、住み分けも含めて、より多くの人にとって、より楽しく、学び、繋がりのある状況に変えていくことは大事です。
世代や地域による価値観の違いという障壁もありますが、子供の性質も社会の状況も多くの地域で昔と異なります。
重症オスグッドでスポーツ引退の子供を何人か健診で見かけて、少し残念な気持ちになりました。
練習量や靴の選び方、走り方、中長期視野にたっての打ち込み方など、もし、たら、れば、ですが考えてしまいます。
シニアスポーツの意義や価値が認知されれば、無理も減ると思います。

さて、本文にあるようなウェットドレッシングの技法は僕が研修医になった頃に新しくて、外科の上級医に勉強させられた記憶があります。
一方で、皮膚の持つシールド能力、バリア機能の意味合いを考えると傷を乾かすという発想も100%間違いではないですね。
湿潤環境向けの医療用品が安価で一般的になったことも変化を後押ししました。

結局、その時々の、使える医療用具や環境インフラ、日常生活による目標設定により実践されるべき医療行為も変わると言うことです。
日本などの水道の水がきれいな環境であれば、滅菌済生理食塩水より扱いやすい水道水の方がトータルで運用しやすいものになります。
一方で、そういう状況でなければ、ないなりの次善の策というものもあります。

また、消毒薬も状況によって、使い方によって、ですね。
内用外用の抗生剤の使用も含めて、また触れていただければと思います。
医療もスポーツも変化の過渡期で、行為の意味や役割が変わりますね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事