文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」

医療・健康・介護のコラム

雪国の山が芽吹く頃に、子宝温泉へ(新潟・栃尾又温泉)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ぬる湯に30分、体中の凝りが流れ出す

 ぬる湯は、源泉温度36度。湯船に注がれる頃には35度前後になります。
 湯に触れた瞬間は「ぬるいな」と感じますが、まずは、湯の温度に体を慣らしながら、徐々に。音を立てず、するりと湯の中に入っていきます。
 入浴してしばらくは、ぬるく感じます。窓越しに見える、緑を感じながら、まぶたを閉じます。静かに、息をします。無の境地に到達するまで、そのままの状態で。
 人にもよりますが、入浴から30分程つと、体にあった凝りが、流れ出ていくような感覚になります。
 そこからさらに入り続けます。
 すると、温泉と体がとけあうような、温泉と私が一体化したような、不思議な瞬間が。
 ここで瞼を開けます。肌を見ると、気泡がついています。その泡は、外から射しこむ光で照らされて、銀色に輝いています。体中が輝いているのです。
 浴場の窓越しに見える緑も、眩い。

雪国の山が芽吹く頃に、子宝温泉へ(新潟・栃尾又温泉)

 入浴後は、浴衣を着て、客室に戻ります。長い入浴の疲れがありますから、少し横になると、体がホカホカしているのに気づきます。
 そう、この温熱効果。
 熱い湯に短い時間入浴するよりも、ぬるい湯に長くつかる方が、体の芯まであたたまり、ほぐれます。
 水分を補給しながら、うたた寝などすれば、もうこの上ない幸せ。
 一休みしたら、外に出て、緑の中を歩いてみます。
 深呼吸をして、体に新鮮な空気を入れてあげるのです。これを繰り返すと、体中の細胞が喜んでくれるはずです。

ラジウム納豆、季節の山菜天ぷらも

雪国の山が芽吹く頃に、子宝温泉へ(新潟・栃尾又温泉)

 栃尾又温泉には名物の「ラジウム納豆」があります。新潟県産の大粒の大豆を栃尾又温泉につけて、戻して納豆に。自在館で湯治すると、朝食に出されます。
 匂いがきつくなく、あまり糸をひかず、まるで大豆を食べているかのようなラジウム納豆。大豆が湯治したからか、やはり、まろやかな仕上がりです。
 ちなみに、自在館の半露天の貸切風呂「うけづの湯」は、目の前に緑が広がる心地のいいロケーションです。

 さらに、この季節のみのご馳走も待っています。
 「5月は山菜がピークです。通常の食事に加えて、その日に手に入れば頼める“地元の山菜天ぷら”を季節限定でお出ししています。地元のものしか出しませんので、その日次第です。これも旅の一興と楽しんでください。また山奥なら、まだ桜もご覧いただけますよ」(若旦那の星宗兵さん)

栃尾又温泉

栃尾又温泉 自在館

※3軒の旅館の共同湯「したの湯」「うえの湯」を利用できるのは宿泊者のみ。

【 所在地 】〒946-0087 新潟県魚沼市栃尾又温泉
【 電 話 】025-795-2211
【 泉 質 】単純放射能温泉
【 効 能 】筋肉又は関節の慢性的な痛みまたはこわばり (関節リウマチ、 変形性関節症、 腰痛症、 神経痛、 五十肩、 打撲、捻挫などの慢性期)、 運動麻痺(まひ)における筋肉のこわばり、 冷え性、末梢(まっしょう)循環障害、 胃腸機能の低下 (胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、 軽症高血圧、 耐糖能異常 (糖尿病)、 軽い高コレステロール血症、 軽い喘息(ぜんそく)または肺気腫、痔(じ)の痛み、 自律神経不安定症、 ストレスによる諸症状 (睡眠障害、 うつ状態など)、 病後回復期、 疲労回復、 健康増進
【アクセス】JR浦佐駅から送迎30分(要予約)
【ホームページ】http://www.jizaikan.jp/

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamazaki_mayumi_prof

山崎まゆみ(やまざき・まゆみ)

温泉エッセイスト、ノンフィクションライター、VISIT JAPAN大使、跡見学園女子大学兼任講師。世界32か国1000か所以上の温泉を巡り、「温泉での幸せな一期一会」をテーマに各メディアでリポートしている。『続・バリアフリー温泉で家族旅行』(昭文社)等著書多数。最新刊は『行ってみようよ! 親孝行温泉』(昭文社)。内閣官房東京オリンピック競技会・東京パラリンピック競技会推進本部事務局「ユニバーサルデザイン2020関係府省等連絡会議 街づくり分科会」「ユニバーサルデザイン2020評価会議」に参画し、日本の「バリアフリー温泉」の推進に力を注いでいる。温泉情報はTwitter、FB、インスタグラムで更新中。

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事