文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」

介護・シニア

授業中に「えっ!」と大声 「介護って、手助けすることやなかったんや」…久々の勉強に目の奥痛っ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

研修に若い人はいいひんかったなぁ

西 あと、ニュースとかでもよく聞く「老々介護」。この一端も、実際に目の当たりにしたな。

松 そうやな。僕らが介護職員初任者研修の授業を受けた時、他の生徒さんで僕らより年下の人が全然いいひんかったもんな。

西 僕ら以外に来てた生徒さんは、10人くらいいたけど、ほぼ僕らより年上の方々やったなぁ~。

松 あの時、西川くん声出てたで。教室入ってきて「えっっ!!!」って。

西 (笑)それは失礼やん。その驚きはあかん。

松 うん! だから失礼なこと言うなぁ~と思って。

西 「年いってる人、多いなぁ~」って思ってないよ。

松 いやいや! その感じ出てたで。

西 そうかな(笑)。

松 そんな中で、僕たちより年下の人も来てたけど、理由を聞いたら、その人のお母さんが介護職員をやられてて、「私もその道に進もうと思いました」っていうことだったよな。

西 そう! 介護の知識が全くない若い人は、いいひんかったなぁ。ニュースで聞いてたけど、ほんまに今、介護を目指す人で、若い人は少ないんやぁ~って実感したわ。

スポーツ推薦の話は伏線? 連載終了までに…

松 机に座ってする勉強だけじゃなくて、車椅子の使い方を教えてもらったり、利用者さんに歯磨きをするときのやり方を聞いたり、現役の介護職員さんの失敗談とか聞いて……。

西 松本くん。ちょっと。

松 実際にやってわかることも……。

西 ストップ!

松 えっ!?

西 今日もここで終わりやわ。

松 介護のこと何にもしゃべってないやん!

西 (笑)松本くんが悪いねん。

松 トークのペース配分、どうなってるん? 「西川くんがちゃんとしてくれな」、言うたやんか。コンビ組んだ時に、西川くんはツッコミやねんから、仕切ったり、僕をうまく導いてくれなあかんって。

西 ちゃうやん。どうでもいい松本くんのスポーツ推薦の話とかするからやんか。

松 どうでもよくないねん! サッカー推薦で高校入ってんねん!

 右のウィングバックで入ってんねん! 

西 それがいらんねん。右のウィングバックとか。松本くんが、勉強苦手やったとかなくていいのよ。

松 高校をスポーツ推薦で入ってる言うのは、ちゃんと意味があることやねん。

西 えっ!(笑) この話が後から効いてくるの?

松 当たり前やんか!

西 えっ!? スポーツ推薦の話と介護の話つながるの?

松 伏線になってるよ。

西 うそん! 伏線なん?

松 僕のこと、東野圭吾って呼んで。

西 回収タイプ!?

松 そう。色々ちりばめていって、最後に全部回収するよ!

西 ごめん。知らんかった。そーなんや。

松 気付かんかった? この僕が、そんななんもなくスポーツ推薦の話したりすると思う!?

西 この話が、次回以降に効いてくるんや。

松 当たり前やん。 第30回か第40回のへんで出てくんねん。

西 だいぶん先やな! 次回じゃないの?

松 この連載が終わるまでには回収する!

西 当然や。放ったらかしはあかん。ちゃんとスポーツ推薦の話と、介護の話と、うまいことかけてや。

(レギュラー お笑い芸人)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

regular_prof

レギュラー

 お笑いコンビ よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
松本 康太と 西川 晃啓(ともに1979年、京都府生まれ)が、98年4月に結成。リズムネタ「あるある探検隊」で一躍ブレイクした。現在は、劇場を中心に活動する実力派漫才コンビ。2014年に「介護職員初任者研修」、17年に「レクリエーション介護士2級」の資格を取得。老人ホーム、デイサービスなどに出向いてレクリエーション介護を行い、福祉イベント、介護フェアでも活動。講演会「お笑い×介護=健康」で、若者たちにも介護現場の実情を伝えている。詳しくは、レギュラー松本のインスタグラム、レギュラー西川のツイッターで。「お仕事の依頼はよしもとクリエイティブ・エージェンシーまで!」

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事