文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」

コラム

授業中に「えっ!」と大声 「介護って、手助けすることやなかったんや」…久々の勉強に目の奥痛っ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

西 レギュラー男前担当、西川です。

松 頼むで。男前で引っ張っていってや!

西 昭和の男前。ありがとうございます! じゃあ松本くんも自己紹介。

松 あるある探検隊で芸能界を遭難中。レギュラー松本です。

西 悲しい! 早く帰ってきて。

松 出口だけ教えて。宝物は諦めてるから出口教えて。

西 長い! ここで話を広げなくていいから。

松 ごめんなさい。

介護職員初任者研修で朝から夕方まで勉強

授業中に「えっ!」と大声 「介護って、手助けすることやなかったんや!」…久々の勉強に目の奥痛っ!

西川君で歯磨きの練習中

西 ヨミドクター3回目。

松 来るもんやな。

西 今日こそは、松本くん介護のことしゃべろう。始まって3回たったのに、介護のこと一言もしゃべってないから。

松 やっとやな。

西 初回に言うた僕たちが介護職員初任者研修の資格をとった時の話をしよう。

松 これは大事。あれは何年前や?

西 もう4、5年前かな。ほんまに介護の基本の勉強やんな。

松 時間があるからっていう軽い感じで、西川くんを誘ったけど……。

西 千葉まで一緒に行ってみたものの、あんな朝から夕方くらいまでみっちり勉強するとは思ってなかったわ。

松 右に同じやで。

西 (笑)えっ! そうなん。松本くんは、どういう授業か知ってると思ってた。

松 めっちゃ目の奥痛かったもん。あんな頭使ったことないからさぁ~。

西 (笑)確かに松本くんは、勉強が得意ではないからね。

松 そう。僕は勉強というものから逃げてきてん。高校もサッカーのスポーツ推薦で入ってるから。勉強、全くしてない。

西 受験勉強というものをやってこなかったんや。

松 そうそう。それもあって、久々に勉強というものをしたからしんどかった。

西 まあ、ちゃんとした授業やからね。教科書あって、先生の話きいて、あれは大変やった。 

松 西川くんも、1時間過ぎたら目寄ってたで。

西 言わんといてよ。僕も何十年かぶりに授業受けたから、眠たくなるよ。

松 西川くんは、車の免許取ってるやんか。

西 それは関係ないやん。確かに免許取る時、勉強したよ。

松 そうやろ! 僕は免許持ってないもん。

「えっ! そうなんや」がいっぱい

西 でも、本当に基本的なこと、専門用語であったり、老人ホームは、こういうところやとか。

松 うん。あと、「えっ! そうなんや」ってことが、いっぱいあった。

西 初めて聞いて、色々びっくりすることあったなぁ~。

松 まず、「介護って手助けすること」って思ってたけど、実は手助けじゃなくて、介護とは「自立支援」ってこと。

西 これはコンビで、一番最初にびっくりしたこと。

松 僕めっちゃ大きい声で、「えっっ!!!」って、言うたんちゃうかな。

西 (笑)言うてた。

松 うるさくなかった? あん時。

西 めっちゃうるさかった(笑)。びっくりしたもん。他の生徒さんも、ビクッッ!ってなってたで。

松 介護って、全部やってあげるもんやってずっと思ってた。

西 そう。ご飯を食べさせてあげたり、介助して椅子に座らせてあげたり……全部してあげることが介護と勘違いしてた。

松 でも、それをすると、体の機能が低下して弱ったままになってしまう。そうじゃなくて、自分でできることはやってもらって、自立をするためのサポートが介護の理念。

西 あくまで機能回復を目指すための介護ってことやったな。

松 そこでまた、「えっっ!!!」って声出てたもん。

西 (笑)2回も言うたかな? 確かにこれは、一番の驚きやったわ。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

regular_prof

レギュラー
お笑いコンビ よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
松本康太と西川晃啓(ともに1979年、京都府生まれ)が、98年4月に結成。リズムネタ「あるある探検隊」で一躍ブレイクした。現在は、劇場を中心に活動する実力派漫才コンビ。2014年に「介護職員初任者研修」、17年に「レクリエーション介護士2級」の資格を取得。老人ホーム、デイサービスなどに出向いてレクリエーション介護を行い、福祉イベント、介護フェアでも活動。講演会「お笑い×介護=健康」で、若者たちにも介護現場の実情を伝えている。詳しくは、レギュラー松本のインスタグラム、レギュラー西川のツイッターで。「お仕事の依頼はよしもとクリエイティブ・エージェンシーまで!」

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事