文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

サトイモと干し芋の煮物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、しっとりとした食感がやみつきになるレシピ「サトイモと干し芋の煮物」のご紹介です。

 サトイモと一緒に煮るのは、「干し芋」です。サトイモと合わさることで、ねっとりとした味わいがプラスされ、さらに旨さを倍増させてくれます。これだけでも良いのですが、パプリカの黄色はぜひ入れてほしい野菜です。料理は目でも楽しむものです。シンプルな料理に黄色が入るだけで、華やかになるんです。ニンジンを入れても良いですね。

 私は給食の時間に各クラスを回るのですが、給食当番の1年生は、配膳をするのに精いっぱい。でも「見た目に気を付けて! 魚もお肉も、焼き目を上にするんだよ」と声掛けをしています。見た目が良いとおいしそうでしょう?と聞くと、「本当だ!」とみんなから声があがります。見た目は食欲増進のポイントなんですね。

 さて、材料にある干し芋ですが、元はもちろんサツマイモです。主成分はでんぷんで、加熱によって一部が糖質に変わり、甘味を増します。ビタミンB1、C、B6なども含まれています。加えて食物繊維も豊富なので、体の中からお掃除をしてくれます。

 常備菜として常に置いておきたい優しい味わいです。おいしい煮物を楽しみましょう。

[作り方]

(1) サトイモは、皮をむいて食べやすい大きさに切る。干し芋は、食べやすい大きさに切る。パプリカは角切りにする。

(2) 鍋に、サトイモ、干し芋、乾燥昆布と(A)を入れ、アルミホイルで落とし蓋をして中火で20分煮る。

(3) パプリカを入れて火が通るまで約5分煮て完成。

(4) お皿に盛り付けて、仕上げに万能ネギを上からかけてください。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事